メニュー

【YouTube】ベストな画質でアップロードするためのH.264エンコード設定

youtube-h264-encode

こちらのCGメソッドの記事では、YouTubeで動画をアップロードするためのベストな動画エンコードの方法を紹介します!

目次

そもそもなぜ、YouTube動画をエンコードを最適化するのか?

YouTubeへ、AVIなどサイズが大きい動画データのままアップロードすると必ず再エンコードが発生して、場合によっては動画が劣化してしまうことがあります。

ですので、YouTubeのエンコードも加味して、できるだけ劣化せず、手間もかからないエンコード方法を探してみました。

YouTube公式推奨のエンコード設定

アップロードする動画の推奨エンコード設定は下記のURLに記載されています。

結論を言うと「非圧縮のAVI」よりも「H264」を推奨しています。

動画をAviUtlを使ってH264にエンコードする方法

「AviUtl」は無料の動画編集ソフトでさらに拡張機能「拡張 x264 出力(GUI)Ex」を使うことで詳細に設定してH264にエンコードすることができます。

AviUtlのダウンロード&インストール

まずは動画編集ソフト「AviUtl」を導入しましょう

拡張 x264 出力(GUI)Exのダウンロード&インストール&設定

※拡張 x264 出力(GUI)Exのインストールは割愛します。
お手数ですが、下記のサイト見ながら導入してください。

「AviUtl」と「拡張 x264 出力(GUI)Ex」の導入が終わったら、いよいよ最適な設定方法を紹介します。

YouTubeにベストなH264のエンコード設定

「AviUtl」と「拡張 x264 出力(GUI)Ex」の2箇所に設定をします。

STEP

AviUtlの色の設定

AviUtlで動画を開いたら、設定>色変換の設定>[出力]をBT.601にします。

そのままH264で出力すると色味が変わってしまいます。(※色が濃くなる)
ですので色の変化を抑える設定をします。

STEP

x264 出力(GUI)Exの画質の設定

  1. 「自動マルチパス」にします。
    シングルパスより最適な計算がされて高画質になります。
    またパス数は2パスで十分です3はただ時間がかかるだけになります。
  2. プリセットのロードの速度は「Placebo」に
  3. 色空間 colormatrixは「smptel170m」にこちらもH264出力で色が変わってしまわないようにする設定になります。
STEP

x264 出力(GUI)Exのフレームの設定

  1. 動きの予測アルゴリズムを「Hadamard ESA(低速)」に
  2. GOP関連設定。キーフレーム間隔の上限を「-1」に(シークしやすい動画になります)
STEP

x264 出力(GUI)Exの音質の設定

右側の音声タブを入力していきます。

エンコーダを「NeroAacEnc」に(高音質AACにエンコードするエンコーダ)

モードを「HE-AAC ビットレート指定にして 2パスにチェック」

ベストな画質でアップロードするためのH.264エンコード設定まとめ

AviUtl(の拡張機能)はエンコードの設定を細かく設定できるので、軽くて高画質な動画をエンコードするときに重宝しています。

ただしエンコードの世界は奥深く、動画によってベストな設定は変化します。

こだわるとかけた時間の割に費用対効果は少ないので、今回の設定で十分です。

この記事も読まれてます

目次
閉じる