メニュー
Kindle9周年!読み放題が3か月199円!詳しく見る

【Windows11】タスクバーを小さくする方法

ARM版のWindows10が勝手にアップグレードされてwindows11になっていました。

せっかく環境がwindows11になりましたので、環境構築をしようと思い、まずは高さをとっているタスクバーを小さくしましたので、その備忘録です。

昔のwindows10であれば、タスクバーを右クリックして小さいサイズに変更できましが、現時点のwindows11ではレジストリをいじることになります。

目次

Windows11 タスクバーを小さくする方法

さっそくWindows11 タスクバーを小さくする方法を解説いたします。

STEP

レジストリ エディターを開く

まずレジストリ エディターを開きます。

タスクバーの検索アイコンを選択してregeditと検索しましょう。

レジストリ エディターのアイコンが検索結果として表示されますので、クリックして起動します。

STEP

エクスプローラーのアドバンスドまで展開する

レジストリ エディターのパス入力欄に下記のパスを入力します。

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\Advanced
STEP

「TaskbarSi」データの作成

上部メニューから

編集 > 新規 > DWORD(32ビット)値(D)を作成しましょう。

ファイル名は

新しい値 #1 から TaskbarSi という名前にします。

すいみん

TaskbarSというデータを置くだけでOKです。
データの中身はいじりません。

STEP

Windowsの再起動

あとはエクスプローラーを再起動すればOKです。

シンプルにWindows11の再起動をしてあげましょう。

再起動後、タスクバーが小さくなりました!

すいみん

これで画面が広く使えますね!

【Windows11】タスクバーを小さくする方法まとめ

本記事では「【Windows11】タスクバーを小さくする方法まとめ」について書きました。

ちょっと手間ですが、画面を有効に使うためにも必要な設定だと思います。

ぜひ参考にしてみてくだい。

目次
閉じる