メニュー

【Microsoft IME】Ctrl + Spaceで半角全角の切り替えする方法と便利技まとめ

eyecatch-microsoft-ime

今までは全角英数/半角英数モードの切替は『半角/全角キー』を、カタカナは『F7キー』を押していましたが、
もっと近い位置で変換することができることをいまさら知ったので、よりスムーズに文字を入力できるように癖をつけるようにしています。

目次

Microsoft IME ひらがな&無変換 で半角全角の切り替えをする

カタカナ/ひらがな で日本語入力。

無変換で半角英数に確実に切り替えるようにします。

STEP

タスクバーのIMEを右クリックからプロパティを開きます。

詳細設定を押します。

切り替え表示が邪魔なので、ついでに画面中央に表示するをOFFにしましょう。

全般タブから編集操作>キー設定>変更を押します。

STEP

キーの設定

下記のように設定します。

  • 無変換 → IME-オフ
  • 変換 → IME-オン
STEP

日本語と英語入力の切り替え確認

あとはカタカナ/ひらがな で日本語入力、無変換で半角英数に確実に切り替えできるか確認しましょう。

Microsoft IME Ctrl + Space で半角全角の切り替えをする

  1. タスクバーにあるIMEを右クリック
  2. プロパティ>詳細設定>編集操作>変更
  3. Ctral+SPACEの空白をIME-オン/オフに

これでCtrl + Space で半角全角の切り替えすることができるようになります。
半角/全角キーより近い位置にあるので、切り替えがスムーズになります。

Microsoft IME便利設定まとめ

ぜひチェックしておきましょう。

Microsoft IME予測変換を表示する

  1. タスクバーにあるIMEを右クリック
  2. プロパティ>詳細設定>予測入力
  3. クラウド候補を使用する

これで入力候補がでるようになります。

Microsoft IMEショートカットまとめ

覚えておくと便利です。

  • カタカナに変換:Ctrl+I 
  • 半角英数に変換:Ctrl+T

Microsoft IMECtrl + Spaceで半角全角の切り替えする方法と便利技まとめ

日本語入力を最適化すると時短になります、ぜひ導入しておきましょう。

ちなみにGoogle 日本語入力はもっと便利ですのでおすすめします!


この記事も読まれてます

目次
閉じる