CG・映像デザイナー技術ブログ

【Windows】Windows Media Playerで動画が映らず音声しか流れない時の解決方法

assistant すいみん

こちらのCGメソッドの記事ではWindows Media Playerで動画が映らず音声しか流れない時の解決方法を紹介します!縦長や正方形の動画も再生できるようになります!
この記事の著者
CGブロガー すいみん

CGブロガー

すいみん

Suimin

プロフィール

某美大の油絵科を卒業後、大手CG映像プロダクションに入社。
その後ゲーム業界に転職。
現在は技術系のCGデザイナーをしています。 書籍:Unity デザイナーズ・バイブル
プロフィール詳細はこちら

Windows Media Player(メディアプレイヤー)で動画が映らず音声しか流れない原因

Windows Media Playerで動画が音声のみしか流れない原因はコーデックが対応していないという理由になります。

Windows Media Player(メディアプレイヤー)で動画が映らず音声しか流れない時の解決方法

  1. K-Lite Codec Packにアクセスします
    参考 K-Lite Codec Packcodecguide.com
  2. K-Lite Codec Pack Basicをダウンロードしてインストールしましょう

  3. インストールの途中のプルダウン設定は「Windows Media Player」にしましょう

以上です。インストール完了後から「Windows Media Player」で縦長や正方形の動画などいままで映らなかった動画が再生されるようになります。

Windows Media Playerで動画が映らず音声しか流れない時の解決方法まとめ

Windows Media Playerはデフォルト環境だと一部の動画しか再生されません。
コーデックを追加することで、より様々な動画を見ることができるので是非導入しましょう

以上、すいみん(@cg_method)でした!