CG・映像デザイナー技術ブログ

【Windows】見やすくて扱いやすい!ディレクトリ構成図(ファイル構造リスト)の作り方

assistant すいみん

こちらのCGメソッドの記事では「見やすくて扱いやすい!ディレクトリ構成図(ファイル構造リスト)の作り方」を紹介します!ディレクトリ構成図を作る時におすすめです!
この記事の著者
CGブロガー すいみん

CGブロガー

すいみん

Suimin

プロフィール

某美大の油絵科を卒業後、大手CG映像プロダクションに入社。
その後ゲーム業界に転職。
現在は技術系のCGデザイナーをしています。 書籍:Unity デザイナーズ・バイブル
プロフィール詳細はこちら

通常の表示方法:「Tree」コマンドでディレクトリ構成を抽出する

  1. Windowsで「コマンドプロンプト」で検索して開きます。

  2. 「Tree」コマンドでディレクトリ構造をツリー形式で表示します。

tree ファイルパス

見やすいですが、このままのデータではエクセルやスプレッドシートでは扱いにくいので、扱いやすいように区切ります。

VBSを使う方法:ツリーコマンドの結果をEXCELに出力する「exTree.vbs」

  1. 下記のサイトから「exTree」をダウンロード
    参考 DOWNLOADてつの倉庫
  2. 「exTree.vbs」をダブルクリックで実行して、出力したいパスを選択します。

こちらであれば、編集もデータ名の抽出も容易なデータです。

見やすくて扱いやすい!ディレクトリ構成図(ファイル構造リスト)の作り方まとめ

「exTree.vbs」ならエクセルやスプレッドシートでみやすいディレクトリ構成図が作成できます!

【Windows】超簡単!複数のフォルダをまとめて作成する方法[bat]

以上、すいみん(@cg_method)でした!