メニュー

【VRoid】MayaでモデルをVRMで出力する方法

vroid-maya-export-vrm

MayaからVRMに出力できるプラグインが公開されていたので試してみました。

いままではUnityのUniVRMで出力していましたが、Unityを開かなくても完結できそうです。

目次

VRM Exporter for MAYAの使い方

BlenderではなくMayaを使いたい方もいると思います。

モデルのインポート方法を解説していきます!

詳細はこちらの動画を見るとよくわかります。

※ Maya2017/2018対応

※ VRMのエクスポート用のプラグインなのでインポートはできないようです。

MayaでモデルをVRMで出力する為の想定ワークフロー

まずは想定されるワークフローをまとめました。

STEP

Blenderからfbxでエクスポート

STEP

MayaでFbxをインポート

STEP

Mayaで編集

STEP

VRM Exporter for MAYAでVRMでエクスポート

STEP

VRoid Hubなどでアップロードして公開

MayaでモデルをVRMで出力する

STEP

VRM Exporterプラグインをダウンロード&解凍

STEP

ランタイムのインストール

VisualStudio2017ランタイム(VC_redist.x64.exe)のインストール

STEP

データをコピー

C:\Program Files\Autodesk\Maya2018\bin\plug-insにvrmExporter.mllをコピー

C:\Program Files\Autodesk\Maya2018\scripts\othersにvrmExporterOptions.melとvrmExporterOptions.res.melをコピー

STEP

Mayaでプラグインのロード

Mayaを起動してWindows > Settings/Preferences > Plug-in Managerを開き、vrmExporter.mllのLoadedとAuto loadにチェック(※ ウインドウ→設定/プレファレンス→プラグインマネージャでロードと自動ロード設定をON)

STEP

モデルのインポート

事前にFBXに変換したVRoidのモデルを(やり方はこちら、Blenderを使います。)Mayaにインポート

STEP

出力

モデルを加工し終えたら、モデルを選択してFile>Export SelectionからFiles of typeをVRM Exportにして出力すればOKです。

MayaにVRoidをインポートした時にテクスチャの透過が反映されないので、TransparencyをOut Transparencyに繋ぐと透過されるようになります

MayaでモデルをVRMで出力する方法まとめ

ブレンドシェイプもウェイトも問題なさそうでした。

欲を言うとVRMのインポートもできたら、さらに素敵ですが便利なプラグインです。

この記事も読まれてます

目次
閉じる