VRで度付きのレンズを作るならVRsatile(ヴァーサタイル)がおすすめ[VRヘッドマウントディスプレイ専用メガネ]

VRを視聴していると眼鏡がずれて見えなくなったり、汚れたりと厄介ですよね。

そこでVR用の度付きレンズを作ることをおすすめします!

作る方法はいくつかあるのですが、本記事で紹介するVRsatile(ヴァーサタイル)は主に下記の3点のメリットがあります。

  1. 様々なVRデバイスに対応する
  2. レンズのカスタマイズができる
  3. 国内生産だから比較的すぐに作れる
すいみん

デメリットは1~2万程度コストがかかってしまうという点だけです。

公式のレンズは海外からの取り寄せだったり、安価な水中ゴーグルはフィットしないデメリットがあったりするので、ちょうど良いのがこのVRsatile(ヴァーサタイル)です。

本記事ではこのVRsatile(ヴァーサタイル)の特徴と購入方法をわかりやすく解説します。

目次
8月からMeta Questが2万円以上値上げします
購入するなら今のうち!
Amazonへ

VRsatile(ヴァーサタイル)の特徴

VRsatile(ヴァーサタイル)の特徴は先にあげた3点になります。

  1. 様々なVRデバイスに対応する
  2. レンズのカスタマイズができる
  3. 国内生産だから比較的すぐに作れる

こちらを詳しく解説します。

対応するデバイスの種類が凄い

デバイス専用レンズはそのVRヘッドマウントディスプレイしか装着できません。

しかしVRsatile(ヴァーサタイル)の場合は、ほぼ主流のすべてのVRデバイスに度付きレンズが装着できる仕様になっています。

  1. Meta Quest2
  2. Valve Index
  3. Meta Quest
  4. HTC VIVE
  5. HTC VIVE Pro / Pro eye
  6. Meta Rifts
  7. HTC VIVE Cosmos / Cosmos elite
  8. Meta Rift CV1
  9. Meta GO
  10. HP Reverb ※初代モデルを除く。
  11. エレコムVRG-M01
  12. Pico G2

レンズのカスタマイズが凄い

フレーム素材は鯖江ブランドのスポーツサングラス用に使われるポリアミド樹脂「TR-90LX」使用。

レンズも4種類の加工を組み合わせることが可能です。

加工の種類加工の効果
ブルーライトカット加工UVとIRブルーライトカットでPC用に最適なレンズになります。
傷・汚れ防止加工衝撃に強く、傷がつきにくく、汚れもよれやすくなります。
曇り防止加工激しい運動をしても曇りにくい加工になります。
ESレンズ視野角が広がり、鮮明に見える加工になります。
VRsatile(ヴァーサタイル)のレンズ加工
すいみん

特におすすめしたいのがESレンズです。
VRの視覚情報を最大限に引き出せます!

国内生産だからレンズ作成が速い!

VRデバイスのメーカーは基本、海外なので、専用レンズを頼むと一ヶ月はかかります。

しかしVRsatile(ヴァーサタイル)であれば、国内生産なので通常、3週間以内で入手できます。

VRsatile(ヴァーサタイル)の注文方法

STEP

公式サイトにアクセス

株式会社diVRseのサイトからVRsatile(ヴァーサタイル)が注文できますので、アクセスしましょう。

STEP

レンズオプションを選択

レンズのオプションをプルダウンから決めます。

レンズオプション価格
なし12,580円
ブルーライトカットレンズ(+¥5,000)17,580円
傷・汚れ防止加工レンズプラン(+¥5,000)17,580円
曇り防止加工レンズプラン(+¥5,000)17,580円
ブルーライトカット+傷・汚れ防止レンズプラン(+¥10,000)22,580円
ブルーライトカット+曇り防止レンズプラン(+¥10,000)22,580円
ESレンズプラン(+¥6,500)19,080円
ESレンズ+ブルーライトカットプラン(+¥11,500)24,080円
ESレンズ+傷・汚れ防止加工レンズプラン(+¥11,500)24,080円
ESレンズ+曇り防止加工レンズプラン(+¥11,500)24,080円
ESレンズ+ブルーライトカット+傷・汚れ防止レンズプラン(+¥16,500)29,080円
ESレンズ+ブルーライトカット+曇り防止レンズプラン(+¥16,500)29,080円
VRsatile(ヴァーサタイル)のレンズオプション
すいみん

こちらに加えて配送料がかかる価格設定になっています。

STEP

処方箋をアップロード

眼科での処方箋、またはレンズの度数に関する資料を添付しましょう。

すいみん

眼鏡購入時のレシートでもOKです。

STEP

支払い

お買い物カゴに追加のボタンを押します。

あとは住所など必要な情報を入力して購入しましょう。

※ちなみにデビットカードは使えませんでした。

すいみん

ちなみにすいみんはESレンズで購入しました。

すいみん

はめた後に、ぐらつく場合は左右の留め具で調整しましょう。

[ad]

VRsatile(ヴァーサタイル)の特徴と購入方法まとめ

本記事では「VRで度付きのレンズを作るならVRsatile(ヴァーサタイル)がおすすめ[VRヘッドマウントディスプレイ専用メガネ]」について書きました。

レンズの価格は普通の眼鏡を買うくらいの価格になってしまいますが、VRを快適に楽しむためにぜひ、度付きのレンズをお勧めしたいと思います。

6000円で度付きレンズを作成する方法もあります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

VRに関する本体・周辺機器・関連書籍のまとめ

VRヘッドセットに関してまとめました。

PC必要無し! スタンドアロンVRヘッドセット「Oculus Ques2」の購入

Oculus Quest2は2020年10月13日に発売されたVRデバイスです。

現在ではVRデバイスを購入するならコレ一択の状態です。

すいみん

今後VRでメインになるデバイスなので、是非Oculus Quest2でVRを体験ををしてみて下さい!

昔の型との違いは下記の記事を参考にしてください。

Oculus Quest2が更に楽しくなる!おすすめのアクセサリーベスト10

Oculus Quest2 のアクセサリーを10点に絞って紹介します!

もっとたくさん見たい人は下記の記事を参考にしてください。

それでは早速1位から紹介します!

1位 度付きレンズ

眼鏡をつけたままVRを体験するのはストレスを感じたり、汚れたりするのでもったいないです。

度付きレンズを装着して快適にVRを楽しみましょう。

おすすめは自分用にカスタマイズできるVRsatileです!

2位 専用充電ドック

Ankerの置くだけで充電できる充電ドック!

VRデバイスは充電が面倒ですが、置くだけで充電できるこのドックは本当に素晴らしいのでおすすめです

※人気すぎて入手困難です。

3位 レンズの汚れを掃除するレンズペン

カメラの手入れで有名なレンズペンです。

やっぱり細かい汚れは付着してしまうので、清掃道具は揃えておきましょう。

4位 Eliteストラップ

Oculus Quest2の柔らかいヘッドバンドだと微妙にVRゴーグルがずれて、画面がぼやけてしまいます。

このEliteストラップを装着するととしっかり固定されてまったく画面がぼやけなくなるのでおすすめです。

特に眼鏡の人にはおすすめのアタッチメントです

Oculus
¥7,800 (2022/12/04 10:45時点 | Amazon調べ)

5位 フィットパック

Oculus Quest2をより顔の形に合わせてることができるアタッチメントです。

・2種類の接顔部(広め、細め)
・遮光ブロッカー(鼻梁が低め)

が格納されています。

すいみん

遮光ブロッカーが良い感じで、より没入感を高めてくれます

6位 Oculus Link用 USB3.0ケーブル

すいみん

約1.8Aの大共有で充電しながらOculus Linkが使えます!

7位 VR専用イヤホン

ヘッドホンは頭を締め付けるのでイヤホンが良いです。

8位 携帯用ケース

Oculus Quest 2の専用ケースです。

ヘッドセットに加えて、Touchコントローラ-2機、充電ケーブル、および電源アダプターを入れることができます。

Oculus
¥7,829 (2022/12/04 10:45時点 | Amazon調べ)
すいみん

イベントやだれかにVRを体験してもらいたい時の持ち運びに!

9位 バッテリーキット

ヘッドバンドンにとりつけるバッテリーキットです。

イベントなど長時間、VRをプレイする時は必須のアイテムです。

10位 ナックルストラップ

VRで夢中になって遊んでいるとコントローラーを吹っ飛ばしてしまいます。

そんな時はストラップを付けておきましょう。

目次