メニュー

vmeetsの使い方!自作Live2Dアバターを表示する方法

alive2018で知ったvmeetsのテストに参加してみました。

vmeetsはさまざまな機能があるのですが、Live2Dモデルを複数人同時に表示できる機能に注目しています。

今回は自作Live2Dアバターを表示する方法です。

目次

vmeetsのダウンロード&通常のやり方

まずはvmeetsの基本的な使い方を紹介します。

STEP

ダウンロード

まずは公式サイトからダウンロード。そのまま「VMeets Setup 0.0.1.exe」をダブルクリックすれば起動します。

STEP

起動

起動したらミーティングIDを入力して、利用規約に同意してチャットをはじめます。

STEP

チャットの開始

アバターを選択して、アバター名を入力すれば、チャットを始めることができます。

STEP

配信開始

配信画面になりました。

自作Live2Dアバターの登録方法

2点だけつまずきポイントがありました。

STEP

Live2Dのサイズ調整(.jsonを使わない場合)

睡井眠子は2048x3072のカンバスの大きさで作成されていまして、そのままvmeetsに取り込むとかなりでかい表示になってしまいました。

STEP

サイズ調整

一番上の階層に回転デフォーマーを追加して、倍率の調整をして、さらに位置も調整しました。

STEP

Live2Dのサイズ調整(avatar.config.jsonで調整する場合)

キャラ名.moc3のある階層にavatar.config.jsonを追加するとvmeetsでのキャラの設定ができます。

 "CameraPosition": {
        "PositionX": 0,
        "PositionY": 0.8,
        "PositionZ": 12
 }
STEP

Live2Dの書き出し

  1. ファイル>書き出し>モデル設定(model.json)でデータを書き出しをします。
  2. さらにサムネイルもプレビュー用のサムネイル(正方形)を用意。命名はavatar_thumbnail.png
  3. 必要なデータをまとめます。下記の画像参考
STEP

ZIP圧縮

最後にZIP圧縮をします。

使用ソフトは7-Zipを使用してZIP圧縮をしました。

Lhaplusなどで圧縮してもアップロードで弾かれる可能性があるので注意

不具合を報告したところ、修正していただきました。現在はどのZIPでもアップロードできると思います。

vmeetsで自作Live2Dアバターの表示方法

自作アバターをvmeetsで表示してみます。

STEP

アバターのアップロード

vmeets起動、規約同意後にアバターをアップロード画面に遷移したら、さきほどのZIPをドラッグ&ドロップします。

STEP

チャット画面へ

アバターが追加されたら、選択して、名前を入力してチャット画面へ進みます。

公式配信マニュアル

vmeetsの使い方まとめ

vmeets、アバター表示機能以外にも様々な可能性のある機能があるので、正式リリースが非常に楽しみです。

特に4人同時アバター表示ができるのは注目です。

複数人同時のLive2D配信は他のソフトでやろうとすればできるのですが(下記の記事)、ものすごく力技をすることになるのが現状です。

用意するべき機材

すいみん

まずはWEBカメラを用意してvmeetsを始めましょう!

目次
閉じる