CG・映像デザイナー技術ブログ

【Surface】スリープ状態が勝手に解除される原因について

スリープ状態が勝手に解除される原因についてテストしてみましたが、主な原因はUSBからつないでいるマウスが動いていまうことでした。
あとは電源を抜くをスリープ状態が解除されてしまうこともあります。完全な対策はできていないのですが、原因はわかったので、扱いには注意したいところです。

この記事の著者
CGブロガー すいみん

CGブロガー

すいみん

Suimin

プロフィール

某美大の油絵科を卒業後、大手CG映像プロダクションに入社。
その後ゲーム業界に転職。
現在は技術系のCGデザイナーをしています。 書籍:Unity デザイナーズ・バイブル
プロフィール詳細はこちら

主な原因と対策

充電したままスリープ状態にして、そのまま電源を抜く。

マウスを動かす

対策:デバイスマネージャー>マウス>電源の管理から「このデバイスで、コンピュータのスタンバイ状態を解除できるようにする」のチェックをはずす。
※それでも効果がない場合があります。

キーボードのキーを押す

対策:デバイスマネージャー>キーボード>電源の管理から「このデバイスで、コンピュータのスタンバイ状態を解除できるようにする」のチェックをはずす。
※それでも効果がない場合があります。

タイプカバーを開く

対策:デバイスマネージャ>キーボード>Surface Type Cover Fileter Device>電源の管理から「このデバイスで、コンピュータのスタンバイ状態を解除できるようにする」のチェックをはずす。

Windowの自動アップデートなどが作動する

対策:自動更新をOFFにする

Windows7スリープに入ってもすぐに復帰する場合のチェックポイント – ぼくんちのTV 別館

http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows-vista/troubleshoot-power-problems
windows.microsoft.com

以上、すいみん(@cg_method)でした!