メニュー
Kindle9周年!読み放題が3か月199円!詳しく見る

【Googleスライド】特定のスライド内の文字を置換する方法

たまにGoogleスライドを使うのですが、特定のスライド内の文字置換できないか試してみました。

目次

Googleスライドの文字置換機能について

Ctrl+Hで文字置換のダイアログが起動しますが、「すべて置換」を選択するとスライド内のすべての文字が置換されてしまいます。

GoogleスライドでGoogle Slides APIを有効にする方法

Google Slides APIを有効にする方法

GASのスクリプトエディタにアクセス

サービス横の+ボタンを押してGoogle Slides APIを選択します。

以上でGoogle Slides APIを有効にできました。

すいみん

以前より簡単ですね!

[以前のエディアを使用]Google Slides APIを有効にする方法

  1. ツール>スクリプトエディタでGoogle App Script(GAS)を開きます
  2. リソース>Googleの拡張サービスからGoogle Slides APIをONに。さらにもう一箇所設定が必要です。
  1. Google Slides APIのら「有効にする」ボタンを押す
  2. 認証情報を作成>項目を入力して「必要な認証情報」を押せばAPIが有効化されます。

以上でGoogle Slides APIが使用できるようになります。

Googleスライドで特定のスライド内の文字を置換する方法

  1. 下記のスクリプトをGASで実行します。初回は承認する必要があります。

プレゼンテーションIDとオブジェクトIDはURLから取得

結果は以下の様に「CGメソッド」が「ブログ」の文字に置換されます

Googleスライドで特定のスライド内の文字を置換する方法まとめ

スプレッドシートと違い、グーグルスライドでスクリプトを使うまでが一手間かかります。

目次
閉じる