メニュー
\ 最大15%ポイントアップ! /

【Slack】ChatWorkのメッセージをSlackへ転送する方法

すいみん

ChatWorkのメッセージをSlackへ転送する方法を紹介します!
これでSlack(スラック)だけ開けば良いので効率化できます

目次

ChatWorkのメッセージをSlackへ転送する条件

ChatWorkのメッセージをSlackへ転送する条件は下記の4点になります。

①通知だけでなく、メッセージの内容も転送する
②自分宛ての通知のみ転送
③すべてのルームの自分宛ての通知を転送したい
④他のサービス(zapierとかAWS Lambdaとか)はできれば使わず、Google Apps Scriptだけでなんとかしたい

ネットで公開されているものをいくつか試したのですが、理想のものは見つかりませんでした。

  • Toが既読されるまで、メッセージが投稿され続けたり
  • すべてのメッセージがGmailに大量に転送されたり(かつ同じメッセージを取得し続けたり)
  • 通知がありましたのみ表示されたり

納得いかなかったので定のルームに自分宛ての通知のみ、メッセージ内容も込みで転送させてみました。

ChatWorkのメッセージをSlackへ転送する方法

STEP

チャットワークAPIの取得

チャットワークAPIの取得します(あとは自分のIDと取得したいルームIDも調べておきましょう)

STEP

SlackAPIの取得

Slack APIのトークンを下記のURLから取得します。

STEP

Google Apps Scriptの作成

Google Apps Scriptに下記のコードをコピペします。

xxxxx部分は手入力します

for each(var obj in json){}の記述からv8エンジン用に一部変更しました。

STEP

スクリプトの実行

実行(chatworkToSlack)しましょう。
通知を何分間隔でスクリプトを実行するかの設定は、下記の記事を参照してください

ChatWorkのメッセージをSlackへ転送した結果

①②④の条件を満たして、うまくいきました。
③に関しては、取得したいルームIDを配列へ入れてやります。

テストするときは、マイチャットで自分のIDを入れると、自分に対してTOで通知できて便利です!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

すいみんのアバター すいみん CGデザイナー・テクニカルアーティスト

技術的なことが好きなフリーランスのデザイナー。
ブログが好きで月間20万PVの技術ブログを運営。
書籍のお仕事もしています。
・「Unity デザイナーズ・バイブル」
・「Unityゲーム プログラミング・バイブル 2nd Generation」
ご依頼はこちらから!

この記事も読まれてます

目次