メニュー

Slack│今日の天気と気温を投稿する方法│GAS

Slackへ情報の一元化を取り組み中。今回は天気と気温。

目次

海外でフリーランスをしているテクニカルアーティスト
ゲーム開発・映像制作・WEB制作等を請け負っています。
当ブログは作業効率化のための技術ブログです。

引用先

【GAS】気象庁のサイトから今日の天気を取得してSlackへ流す

注意点

  • 夜に作業すると今日の気温が表示されないのでエラーがでます。朝から昼にかけて実装すると確認できます。

  • SlackのWebhookかこちらから取得

結果

トリガーを朝方にセットしておけば、下記のような感じで投稿されます。

まとめ

朝起きたらSlackに集まった情報を見て、たとえば天気と気温なら、傘が必要か?服装はどうするか?判断しています。便利。

全記事一覧

  • URLをコピーしました!
目次