メニュー
\ 最大15%ポイントアップ! /

【Slack】今日の天気と気温をGasで投稿する方法

Slackへ情報の一元化を取り組み中。今回は天気と気温。

目次

引用先

【GAS】気象庁のサイトから今日の天気を取得してSlackへ流す

注意点

  • 夜に作業すると今日の気温が表示されないのでエラーがでます。朝から昼にかけて実装すると確認できます。

  • SlackのWebhookかこちらから取得

結果

トリガーを朝方にセットしておけば、下記のような感じで投稿されます。

まとめ

朝起きたらSlackに集まった情報を見て、たとえば天気と気温なら、傘が必要か?服装はどうするか?判断しています。便利。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

すいみんのアバター すいみん CGデザイナー・テクニカルアーティスト

技術的なことが好きなフリーランスのデザイナー。
ブログが好きで月間20万PVの技術ブログを運営。
書籍のお仕事もしています。
・「Unity デザイナーズ・バイブル」
・「Unityゲーム プログラミング・バイブル 2nd Generation」
ご依頼はこちらから!

この記事も読まれてます

目次