WordPressの高速化を目指す!ブログ高速化診断

Googleから検索順位を決めるSEOの要因の一つにコアウェブバイタル(Core Web Vitals)が設定されました。

すいみん

記事の順位を上げるためにブログの高速化も重要になってきます!

目次

コアウェブバイタル(Core Web Vitals)とは?

コアウェブバイタル(Core Web Vitals)には3つ指標「LCP」「FID」「CLS」があります。

項目説明
LCP(Largest Contentful Paint)最大コンテンツの描画。一番大きい画像。
FID(First Input Delay)初回入力遅延。クリックなどの操作で反応するまでにかかった時間。
CLS(Cumulative Layout Shift)累積レイアウト変更。レイアウト崩れ。
コアウェブバイタル(Core Web Vitals)とは?
すいみん

この3つの指標の合格を目指しましょう。

コアウェブバイタル(Core Web Vitals)の調べ方

PageSpeed Insights (グーグルページインサイト)から調査する

まずはPageSpeed Insights (グーグルページインサイト)で調べたいサイトのURLを入れて調査しましょう。

Origin Summaryの文章の中にコアウェブバイタル(Core Web Vitals)が合格しているかの記述が記載されています。

ラボデータと記載されている記事単位の結果も出ていますが、基本的にはサイト全体のスコアが合格しているかが重要です。

合格してない場合は、高速化の対策をすることをおすすめします。

すいみん

高速化してもすぐにスコアは改善されません。
28日間の集計期間の更新を待ちましょう。

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)から調査する

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)を開いて、左メニューからウェブに関する主な指標を選択しましょう。

モバイルとPCの項目があります。

試しにモバイルのレポートを開いてみましょう。

レポートを見てみるとコアウェブバイタル(Core Web Vitals)の指標の一つであるCLSの項目に改善が必要と診断されました。

CLSに関する問題を選択すると詳細が表示されます。

さらに32と表示されている項目箇所を選択すると対象のURLが表示されます。

すいみん

もし高速化対策が完了している場合は修正を検証ボタンを押してGoogleに伝えましょう。

修正を検証ボタンを押せば、28日以内にレポートが改善されます。

デザノマのブログ高速化診断とは?

当サイト「デザノマ」で、コアウェブバイタル(Core Web Vitals)およびサイトの高速化表示に関する調査をします。

高速化診断のレポートとアフターサポート

高速化診断をした後に診断レポートをお渡しいたします。

内容は下記の項目にて16ページのGoogleスライドにてまとめています。

  1. 表紙
  2. サイト情報
  3. プラグイン
  4. 指針ページのスコア
  5. 画像
  6. 共通パーツの画像サイズ
  7. フォント
  8. JS
  9. CSS
  10. HTML
  11. サーバー
  12. テーマ
  13. キャッシュ
  14. CLS
  15. LCP
  16. 診断結果まとめ

各ページに改善できる要素と施策を載せているので参考にしてください。

すいみん

あくまで診断のみです。
もし高速化もお願いしたい時は別途ご相談させてください。

まだアフターサポートとしてチャットワーク(Chatwork ID:suimin)等で、高速化に関する質問もお受けいたします。

高速化診断の実績

2021年の6月までの半年間で、約20件の高速化診断のお問い合わせがありました。

すいみん

サイトの高速化の意識が非常に高まってますね!

高速化診断に必要な情報

下記の3つを教えていただければ調査できます。

  1. サイトのURL
  2. プラグインのスクショ
  3. 使用しているサーバー

高速化診断に必要な料金

サイト高速化診断に必要な金額は5,000円です。

診断後の後払いで、基本は銀行振り込みです。

もしPayPalなどを希望される方にも対応できます。

また診断だけでなく、さらに高速化もお願いしたい場合は別途ご相談ください。

WordPressの高速化を目指す!ブログ高速化診断まとめ

サイトの高速化を気にされている方はぜひご相談してくださいませ。

すいみん

Twitterやチャットワークでのお問い合わせも大丈夫です!

目次
閉じる