6/21(月)・6/22(火)はAmazonプライムデー!商品一覧へ

【WordPress】最強の画像最適化プラグインShortPixelの使い方

shortpixel

今までEWWW Image Optimizerimagifyなど画像圧縮&WebPに設定できるプラグインを使用していきましたが、今現在、ShortPixelが一番良かったので、その特徴と使い方を本記事で解説します。

すいみん

少し課金(買い切り)が必要ですが、現在一番ベストな画像最適化プラグインだと思います。

すいみん

下記のリンクからアカウントを登録すると無料プランでも月額100枚+ワンタイムクレジット100枚が貰えるようになります。

SHORTPIXELのアカウント登録

目次

ShortPixelの特徴

ShortPixelの特徴です。

  • 画像圧縮が一番優秀(劣化を抑えて軽量化)
  • WebPの設定が簡単(次世代フォーマットでの画像の配信)
  • 画像のリサイズやJPG化などの最適化オプションも豊富

EWWW Image Optimizerは画像のアップロードした時の最適化時にサーバーの負荷をかけるのが大きく、imagifyは画像の劣化が目立つというデメリットがあるのですが、ShortPixelは有料ながらも欠点が見当たらず機能も豊富で、これ1つでしっかり画像の最適化ができます。

すいみん

ちなみに無料版でも毎月100枚まで圧縮できます。

すいみん

下記のデモサイトからURLを入力するとどのくらい軽量化できるのか?計測できます。

ShortPixelのインストール方法

プラグイン>新規追加からShortPixel Optimizerで検索しましょう。

ちなみに同社の拡張プラグインもたくさん候補にでてきますので、これはまだ入れないようにしましょう。

APIキーのリクエスト

WordPressのダッシュボード>設定>ShortPixelにて、まずはメールアドレスを入力してリクエストキーボタンを押しましょう。

メールが届きますのでそこAPIキーが記載されているので、先の画面に入力して検証ボタンを押します。

ShortPixelの使い方

WordPressのダッシュボード > メディア > ShortPixel一括処理から画像の最適化を実行できます。

※クレジット(画像の処理枚数)の上限を使い切っている場合は処理できないので注意しましょう

※無料プランでも月額100枚クレジットが追加されます。

>プラグインは10,104個の画像を最適化し、利用制限に達したため停止しました。 3,295 個の画像と 20,070 個のサムネイル は ShortPixel によって最適化されていません。

上記の添付画像では2.4万枚の画像処理がまだ残っていると警告されています。課金をして画像処理のクレジットを購入して画像を最適化してみましょう。

クレジット課金をする

下記のURlにてShortPixelにログインしてクレジットを購入します。

ONE-TIME CREDITS(買い切り)のタブに移動して、処理したい枚数に近いクレジットを購入します。

決済方法はクレジットカードまたはPayPAlで支払いすることができます。

購入後、WordPressのダッシュボード > メディア > ShortPixel一括処理の画面に戻ると画像処理化が開始されます。

日本語の画像名はエラーがでてしまうので、処理に失敗した画像はリストが出るので、後でリネームしておきましょう。

プラン10,00030,00050,000170,000500,000
価格(ドル)※消費税10%込$10.99$21.99$32.99$108.90$273.90
価格(円)※1ドル 110円換算¥1,219¥2,438¥3,658¥12,074¥30,368
すいみん

3万枚程度であれば2500円ほど課金するだけでOKです!

ShortPixelの設定

WordPressのダッシュボード>設定>ShortPixelから設定ができます。

基本的にデフォルト設定で良いのですが、個人的に推奨する設定もコメントを入れておきました。

一般

ShortPixelの設定をします。

APIキーの入力大きなサイズの画像を変更の2箇所は設定しておきましょう。

項目機能コメント
API キーアカウントを登録して取得したAPIキーを入れましょう。
圧縮タイプ圧縮形式を選べます。不可逆なを推奨。ほとんど劣化しないで最適化できるのがShortPixelの特徴です。
サムネイルも含める画像のサムネイルも圧縮デフォルトはチェック入
画像バックアップ画像バックアップします。デフォルトはチェック入
EXIF を削除EXIF を削除します。デフォルトはチェック入
大きなサイズの画像を変更大きすぎる画像を縮小してくれます。1024×1024ピクセルに制限
Containにチェックを推奨。

上級者向け

少しマニアックな設定ができます。

WebP 画像の設定サムネイルサイズを除外の2箇所は設定しておきましょう。

項目機能コメント
追加メディアフォルダー最適化する画像フォルダを追加指定する
PNG 画像を JPEG に変換PNG 画像を JPEG に変換(透過情報が消えます)
CMYK から RGB へ変換RGBに変換します。デフォルトはチェック入
Next Generation Images(次世代のイメージ)
Also create WebP versions of the images, with the additional cost of 1 credit = 1 image or thumbnail..画像のWebP版の作成。
WebP画像は、PNGよりも最大3倍、JPGよりも25%小さくすることができます。
Next Generation Images(次世代のイメージ)Also create AVIF versions of the images, with the additional cost of 1 credit = 1 image or thumbnail.AVIFバージョンの画像作成。
AVIFは新しいフォーマット(AV1 Image File Format)で、画像はWebPsよりも平均して最大50%小さくなります。
Next Generation Images(次世代のイメージ)Deliver the next generation versions of the images in the front-end:①<PICTURE> tag syntax を使用
②ページコードの変更なしで(.htaccess経由)
次世代フォーマットでの画像の配信にしたい方はページコードの変更なしで(.htaccessで使用)にチェックを入れる。
WP Rocketを導入している場合はそちらでも設定できるので不要。
WebP 画像WebPの設定
HTMLタグで使用するか、.htaccessで使用するか2種類の方式を選べる
高精細画像を最適化するRetina画像の最適化デフォルトはチェック入
その他のサムネイルの最適化登録されていないの画像も最適化する
PDF を最適化PDFデータを最適化デフォルトはチェック入
パターンを除外除外設定
HTTP AUTH ログイン情報パスワード付きサイトの場合は設定
アップロード時にメディアを最適化するメディアライブラリ項目を自動的に最適化デフォルトはチェック入
フロントエンド処理訪問者が画像をアップロードした場合の最適化設定
サムネイルサイズを除外
使用していないサムネイル画像は除外する個人的に使用していないmedium_large、1536×1536、2048×2048は除外するようにしています。

Cloudflare API

 Cloudflare CDNはWebサイトの静的リソースを複製して提供するサービスです。

お金をかけた高速化をしている方は、ShortPixelで最適化画像をCloudflareでも自動的に更新できるような仕組みが用意されています。

  • ゾーン ID
  • Cloudflare トークン

統計情報

画像圧縮に関する情報が載っています。あと画像、何枚処理できるのか?

確認したいときはこのタブを確認しましょう。

ShortPixel 統計情報

  • ファイル圧縮の平均値
  • ShortPixel によって保存されたディスク容量
  • ShortPixel が節約した帯域幅

ShortPixel クレジット

  • 現在の月額プラン
  • ワンタイムクレジット
  • See report (last 30 days) ※CSV書き出し可能
  • 消費されるクレジット
  • バックアップフォルダーのサイズ

ShortPixelのWEBサイトでできること

下記のURLからWEB上で画像最適化できるサービスもあります。

またアカウントでログインするとShortPixelのWEBサービスも活用できます。

  • プランの購入
  • 最適化のレポート閲覧
  • Webから画像の最適化
  • アフィリエイト

Archive Optimizer (beta)というメニューから画像をまとめたZIPファイルを放り込むと最適化されるサポートサービスもあります。

WebPだけでなく、AVIFもサポートしています!

ShortPixelの拡張プラグイン他

ShortPixelは他にもさまざまなプラグインを公開していますので紹介します。

すいみん

画像に関する問題を同社のプラグインで全て解決できそうですね。

プラグイン名内容
ShortPixel Image Optimizer本記事で紹介した画像最適化プラグインです。
ShortPixel Adaptive ImagesCDNを利用した画像最適化プラグイン。自動でlazyloadもついてきますが、機能が足りずいまいちな評価です。※Image Optimizerの方を推奨。
Enable Media Replaceアップロードしてある画像を差し替えすることができます。
reGenerate Thumbnails Advancedサムネイルの再生成をします。
Resize Image After Uploadアップロードした画像を自動で指定サイズにリサイズしてくれます。

最強の画像プラグインShortPixelの使い方まとめ

本記事ではShortPixelの画像最適化プラグインについて書きました。

有料なので少し躊躇してしまうかもしれませんが、高速化対策で画像は最重要な要素であるので、見た目がきれいでかつ軽くできる良い画像最適化プラグインを使うことをおすすめします。

すいみん

下記のリンクからアカウントを登録すると無料プランでも月額100枚+ワンタイムクレジット100枚が貰えるようになります。

SHORTPIXELのアカウント登録

高速化プラグイン

すいみん

有料ですが、これ1つでかなり高速化が網羅できます!

【WordPress】世界で一番売れている高速化の有料プラグイン!WP Rocketの設定方法

目次
閉じる