Kindle 9周年キャンペーンで最大70%OFF!ブログ関連本セール中詳しく見る

完全無料のヒートマップツール!Microsoft Clarityの使い方

ヒートマップツールは記事のどこを読まれているか可視化されて便利なツールですよね。

すいみん

WordPressではAurora Heatmapというプラグインがありますが、ちゃんと計測しようとすると有料版を導入する必要があります。

今回、紹介するMicrosoftのヒートマップツール、Clarity(クラリティ)は無料でヒートマップを計測できますので、是非試してみて下さい。

本記事はそのMicrosoft Clarityの使い方を紹介いたします。

目次

Microsoft Clarityとは?

Microsoft Clarityとは2020年10月30日に完全無料で解放されたWebサイト分析ツールです。

主な特徴は下記の3点です。

  1. ダッシュボードの提供
  2. ユーザー行動の録画再生機能
  3. ヒートマップ機能
すいみん

これだけの機能を制限なく完全無料で使用できるのはすごいですね!

Microsoft Clarityの使い方

STEP

Clarityへサインイン

まずはClarityの公式サイトへアクセスして、Get startedボタンを押します。
するとMicrosoft、Facebook、Googleのアカウントのどれかでサインアップを要求されるので、選択しましょう。

STEP

サイト情報を入力

まずはメールアドレスを入力しましょう。

つづいてサイトの情報を入力しましょう。

STEP

サイトに埋め込むスクリプトのコードを取得

サイトが登録されているので項目をクリックしましょう。

中にコードが記載されていますので、コピーします。

STEP

WordPressのheadにコードをコピー

登録したサイト(WordPress)のheadにコードをコピーしてあげます。
※テーマによってコピーする場所は異なります。

STEP

Google Analyticsとのインテグレーション(連携)

最後にアナリティクスと連携させます。
Get startedボタンを押しましょう。

連携の許可を聞かれるので、許可しましょう。

連携が終わるとActiveのスイッチがONになっています。

すいみん

以上です。あとはデータの表示を開始するまでに最大2時間かかるそうなので、待ちましょう!

まだ導入して数時間ですが、しっかりデータは取れています!

gifです。動かない時はクリックしてみてください

Microsoft Clarityの使い方まとめ

本記事では「完全無料のヒートマップツール!Microsoft Clarityの使い方」について書きました。

Microsoft Clarityの特徴は以下の3点です。

  1. ダッシュボードの提供
  2. ユーザー行動の録画再生機能
  3. ヒートマップ機能

ここまで詳細に分析できる無料のヒートマップツールはないので、是非試してみて下さい。

すいみん

サイトにコードを埋め込むだけなので簡単です!

G-PDCA

すいみん

データ計測も大事なのですが、まずは数字に基づいた目的を決めましょう!

ブログ運営のG-PDCA!目標設定からデータの分析による施策選定

GRC+Googleアナリティクス

すいみん

GRCにアナリティクスの数字を入力する方法です。

【GRC】ブログ運営に必須!Googleアナリティクスの月間PV数を入力する方法

目次
閉じる