1年に一度の超セール!Amazonブラックフライデー! ※11/26(金)~12/2日(木)まで!セール品を見る

【GRC】ブログ運営に必須!Googleアナリティクスの月間PV数を入力する方法

ブログ記事の検索ランキングの変動がわかる検索順位チェックツールGRC、そしてPVを確認できるGoogleアナリティクスを別々のツールで確認するのは面倒ですよね?

本記事ではGRCで記事ごとのPVと検索順位を合わせて確認できる方法を紹介いたします。

すいみん

GRCは毎日0時になったら、更新をかけて軽く順位をチェックするのが習慣になっています。それくらい便利な分析ツールです。

目次

検索順位チェックツールGRCとは?

検索順位チェックツールGRCとはSEOの検索順位チェックツールです。

キーワードを入力するとGoogleなどの検索順位を一気に調べることができます。
有料ですが、ブロガーさん必須のツールなので、気になる方は是非調べてみてください。

プランURL数検索語数上位100追跡期間料金
無料版3202永久無料
ベーシック550051年4,860円
スタンダード505,000501年9,720円
エキスパート5005,0005001年14,580円
プロ5,000500,0005,0001年19,440円
アルティメット無制限無制限無制限1年24,300円

さまざまなプランがありますが、大抵の人はベーシックプランで十分です。月々405円程度で使えるのでおすすめです。

すいみん

GRCは無料版もありますので、まずは試してみましょう!

GRCの更新方法

月払いのPaypalか年払いの銀行振り込みの2種類の支払い方法があります。

おすすめは年払いの銀行振り込みです。2ヶ月分無料になります。

すいみん

ライセンスキーを登録した時点でカウントされますので、期限が切れる前にキーだけ取得しておきましょう。

Macの人はRank Trackerもおすすめ

ちなみにGRCはWindowユーザー向けのソフトです。
Macの人はRank Trackerを導入する人が多いので、こちらもおすすめです。

GRCの基本的は使い方は割愛します。※簡単です

今回はさらに情報を拡張して記事ごとのPVと検索順位を合わせて確認できる方法を紹介いたします。

GRCにGoogleアナリティクスのPV数を入力する方法

GRCのアナリティクスのPVデータを追加する流れは下記になります。

※実際に使われている方向けの記事になります。

  • Googleアナリティクスから月間のPVデータをスプレッドシートにエクスポート
  • GRCのデータをCSVでエクスポートして先のスプレッドシートにインポート
  • 2つのデータをあわせてエクスポート、それをGRCに追加でインポートするだけです

では早速やってみましょう。

ちなみにGRCにインポートできるデータは9つあります。

  • サイト名
  • URL
  • 検索後
  • グループ
  • マーク
  • 項目メモ
  • 項目メモ2
  • 項目メモ3
  • 月間検索数

この中で実際につかうのは下4つ、項目メモと月間検索数だと思います。

1. Googleアナリティクスのデータを集計する

Googleアナリティクスから記事のURLとPV数を集計します。

  1. 行動>サイトコンテンツ>すべてのページへ
  2. 期間を「過去30日間」に
  3. 最後に「エクスポート」>「Googleスプレッドシート」
  4. Googleスプレッドシートに新しくデータ「content-pages」が作成されます
すいみん

もちろん、データはお好きな期間でOKです

2. GRCのデータを集計してスプレッドシートにインポートする

まずは事前準備です。
GRCには3箇所メモを入れることができるのですが、その一つに記事のURLを入れておきます。

もちろんGoogle URLなどからも記事のURLは取得できますが、カニバリ(重複)が起きたり、記事のURLを変更することもあるとおもいますので、普段からメモ欄の一つに記事のURL情報も入れておくと情報の取得に便利です。も

今回は項目メモ2に記事のURLを入れています。

すいみん

今まで登録したGRCのメモ欄に記事URL情報を入れておきましょう。
面倒ですが、一度入れてしまえば応用が効くので便利です。

STEP

GRCからデータをエクスポート

  1. ファイル>「項目一覧CSVファイル保存」を選択
  2. 「サイト名」「URL」「検索語」「項目メモ2」の4箇所にチェックして、CSVファイルを保存します

「サイト名」「URL」「検索語」のがないとGRCに再インポートできなくなるので、3つとも必要です。

STEP

スプレッドシートにGRCデータをインポート

先程作成したGoogleスプレッドシートを開いてデータをGRCのデータをインポートします。
ファイル>インポートでGRCから出力したCSVファイルを新しいシートにGRCから出力したデータを挿入します。

STEP

GoogleアナリティクスのデータにURL情報を追加する

  1. 「content-pages」のシートに移動して、一番左の列を一つ追加します
  2. =”https://www.????”&B8」という数式を加えて、記事URLを完成させます。
すいみん

全てのページの隣に数式を足して、URLを付けておきましょう。

STEP

PVの情報を参照してGRCデータに追加する

  • 「grcデータをインポートした」シートに移動します。
  • E列に「=VLOOKUP(D:D,’content-pages’!A:C,3,FALSE)」の数式を挿入します。
    ※E1には月間PVという項目を入れておくと目印になります。
すいみん

以上で、項目メモ2の対応した記事別PV数が参照されます。

最後に数字は4桁にしておきましょう。(GRCでソートしやすい)

STEP

整えたデータをエクスポートする

ファイル>ダウンロード>カンマ区切りの値を選択してCSVデータをエクスポートします。
例「content-pages – grc.csv」

STEP

GRCにデータをインポートする

  • GRCを開いて、ファイル>CSVファイルのインポートを選択
  • インポートするファイルから先程出力したデータを選択
  • インポート目的は「既存項目の情報を上書き」に
  • データの位置は項目メモ2を4列目項目メモ3を5列目にします。
  • 最後にインポート実行ボタンを押すとGRCにデータが入力されます。

実行すると確認ダイアログがでます。

すいみん

以上で、項目メモ3にアナリティクスのPV数が入力されました

GRCにGoogleアナリティクスのPV数を入力する方法まとめ

本記事では「【GRC】ブログ運営に必須!Googleアナリティクスの月間PV数を入力する方法」について書きました。

今回のやり方でGRCにデータを一元化することで、記事別に検索順位と月のPV数がすぐに確認できるようになります。

すいみん

分析するデータは一元化しておくことをおすすめします!

リライト判定

すいみん

リライトする記事を判定します。

【リライト】サーチコンソールのデータから分析!数字から書き直す記事を自動判定するツールの作成方法

目次
閉じる