MENU

カスタムフィールドの値をcsvファイルからまとめて編集する方法

custom-field-csv-import

WordPressの記事の中に、自分で設定したデータを持つことができるカスタムフィールド。

いちいち記事を開いて入力するのは面倒ですよね?

そこでエクセルやスプレッドシートで入力した値をcsvファイルで出力、それをインポートして更新する方法を紹介します。

目次

カスタムフィールドの値をcsvファイルからまとめて編集する方法

さっそくやり方を解説します。

インポートとエクスポート、それぞれ違うプラグインを用います。

Smart Custom Fields

なんのプラグインでも良いのですが、今回はSmart Custom Fieldsというプラグインでカスタムフィールとを作成しました。

カスタムフィールドに加えたいタイプを選んで、カスタムフィールド名を記入します。

記事IDをCSVで出力する

カスタムフィールドの値は各記事編集で入力できます。

それだと複数記事の入力は大変なので、csvで編集できるように、あたりのデータを出力します。

Export All URLsというプラグインを用います。

エクスポートする内容をチェックします。

下記の項目にチェックしました。

  • Pages(投稿記事)
  • Post IDs(投稿記事)
  • Titles(記事タイトル)
  • Publisher(公開記事)
  • CSV File(CSVファイル出力)

Click hereからCSVをダウンロードします。

CSVファイルが出力できました。

Really Simple CSV Importerのインポート用にCSVを編集する

Really Simple CSV Importerというプラグインを使って、CSVをインポートして記事内容を更新できます。

今回は下記の項目の内容を入力してみました。

  • post_id(記事ID インポートに必要)
  • post_title(記事タイトル)
  • post_status(記事の状態 インポートに必要)
  • card-title(カスタムフィールドの値1)
  • card-review(カスタムフィールドの値2)
  • tax_price(カスタムタクソミーの名前 tax_名前を入れる、名前部分はスラッグ名を入力)

priceというカスタムタクソミーの場合は、tax_priceという項目を作成してスラッグを入力します。

今回はスプレッドシートで編集しました。

入力が終わったら、ファイル>ダウンロード>カンマ区切り形式(.csv)でcsvファイルをダウンロードします。

ダウンロードしたcsvをwordpressにインポートします。

ツール>CSV インポーターの実行を押します。

ファイルを選択からcsvファイルをアップロード、その後にファイルをアップロードしてインポートボタンを押しましょう。

以上で記事内のカスタムフィールドの内容が更新されます。

カスタムフィールドの値をcsvファイルからまとめて編集する方法まとめ

本記事では「カスタムフィールドの値をcsvファイルからまとめて編集する方法」について書きました。

カスタムフィールドだけでなく、通常の記事の情報もこのやり方でまとめて更新できます。

是非、覚えておきましょう!

  • URLをコピーしました!

カスタマイズ関連まとめ

すいみん

カスタマイズに関する記事をまとめました。

カスタマイズ関連まとめ

この記事を書いた人

すいみんのアバター すいみん フリーランスデザイナー

技術的なことが好きなデザイナー。
ブログが好きで月間20万PVの技術ブログを運営。
デザインからカスタマイズ、高速化、SEO対策など色々できます。
ご依頼はこちらから!

この記事も読まれてます

目次
閉じる