【Redmine】Excelからチケットを作成する方法

ローカル環境に自分用のRedmineをいれてみました。
そして自分のタスク用にチケットも作成してみたのですが、入力が非常に面倒だったので、Excelからチケットを作成する方法を試してみました!

標準機能のインポート機能を使ってます。



redmine-summary-article


仕事効率化!Redmineに関する便利機能まとめ

この記事の著者
CGブロガー すいみん

CGブロガー

すいみん

Suimin

プロフィール

某美大の油絵科を卒業後、大手CG映像プロダクションに入社。
その後ゲーム業界に転職。
現在は技術系のCGデザイナーをしています。 書籍:Unity デザイナーズ・バイブル
プロフィール詳細はこちら

Excelでの記述

下記のような感じで記述します。

プロジェクト トラッカー ステータス 題名 説明 優先度 カテゴリ 担当者
test 機能 新規 Test Test 通常 Design user
対象バージョン 親チケット 開始日 期日 予定工数 進捗率
SP1 2018-1-18 2018-1-24 10 10

※担当者はログインIDを記述

※開始日と期日は右クリック>セルの書式設定>ユーザー定義でyyyy-m-dの形式で記述

※標準機能のインポートはチケットの更新はできない

最後にCSVを別で保存。

Redmineにインポート

チケットページの右側からインポート

先程保存したCSVを選び

下記をブックマークレットに入れるとプルダウンが自動で選ばれ、入力が簡単です。

javascript:(function(){ var fieldMapping = document.getElementById("fields-mapping"); var PTags = fieldMapping.getElementsByTagName("p"); for(a=0; a<PTags.length;a++){ var label = PTags[a].getElementsByTagName("label")[0].textContent; var pulldown_option = PTags[a].getElementsByTagName("option"); for(i=0; i<pulldown_option.length;i++){ console.log(pulldown_option[i].value); if(pulldown_option[i].textContent == label){ pulldown_option[i].selected = true; break; } } } })();

インポート後、ちゃんと入力されてました!

RedmineでチケットのCSVインポート – Qiita

補足

プラグインとかフリーソフトを使うと、チケットの更新もできます。

参考 【Redmineおすすめプラグイン】CSVデータを取り込む機能を追加してみよう | 株式会社LIG株式会社LIG 参考 Excelからチケットを作成・更新できる「Redmineチケット★一括★」 | Redmine.JP BlogRedmine.JP Blog

以上、すいみん(@cg_method)でした!