メニュー
Kindle9周年!読み放題が3か月199円!詳しく見る

【Reaper】ささやき声を加工して変換!疑似バイノーラルをする方法[ASMR]

ASMRを収録したいけど専用機材高い!

という方向けに、無料で音声編集からささやき声を加工してみました。

本記事ではささやき声で疑似バイノーラルする方法を紹介します。

目次

恋声でボイチェンしてささやき声用の音声を収録

恋声でボイスチェンジして、ささやき気味「今日もお疲れ様!」というセリフでボイスを収録しました。

ささやき声にするためのベースの素材大事です。

細かいところは下記の記事を参考にしてください。

Audacityで音声のノイズをクリーンナップ

音声のノイズをきれいにします。

ノイズの除去方法

まず、恋声のノイズがひどいのでノイズ除去します。

エフェクト>ノイズの低減

音声をステレオ変換

ステレオにして片耳(左側)だけ無音にします。

すいみん

睡井眠子が右側から囁いてくれるイメージ!

まず同じボイスデータを2回読み込みますで、▼からステレオトラックの作成でステレオに変換

次に▼からステレオトラックの分離を選んで、下側(左側)のを全て選択してDelete

右耳に囁いてくれる感じになります! 

これでベースの完成です

Reaperで音声を加工する方法

普段ボイチェンにつかっているReaperですが、(無料の)音声加工ソフトとしても非常に優秀なのでこちらで編集します。

Reaperでコンプレッサーでエフェクト調整

音量を押しつぶす役割のコンプレッサーを使用したのでプラグインを入れます。

FXボタンを押して、Dynamics>VST:ReaCompを選択

下記のような設定にしました。

  1. スレッショルド:-20
  2. アタック:12
  3. リリース:40
  4. レシオ:8
  5. ニー 24

Reaperでのイコライザーの調整

FXボタンを押して、Dynamics>VST:ReaEQを選択

Bandを設定して下記の値を強調

  1. 400hz:2
  2. 500hz:3
  3. 600hz:12

あとは再生を繰り返して、調整するだけです。(今回は上記の値です)

最後にファイル>トラック別に書き出しで音声データを出力します。

以上で疑似バイノーラルのささやき声が完成です。

[おまけ]ボイロの声をささやき声に変換するツールを作りましたβのツール

以前ボイチェンしてとった声をウィスパーボイスに変換してみました。

音声データをモノラルに変換

Audacityで音声データを読み込み

ファイル>書き出し>wav モノラル(16bit)

このままのデータだと変換に適さないデータなので、下記のフリーソフトで更に変換します。

モノラル化(左右音声合成)

Waveいろいろ変換器というフリーソフトを入手。

モノラル化(左右音声合成)にチェックを入れて変換

これで音声データの準備は完了です。

ささやき声に変換

下記のボイロの声をささやき声に変換するツールを作りましたβのソフトをダウンロード

解凍後、同じ階層に音声データを格納

メモ帳に下記のコマンドを入力して.batで保存(change_voice.bat)

cd C:Users\ユーザー名\Desktop\wsasayaki

wsasayaki 変換前データ.wav 変換後データ.wav

pause

batをクリックして実行

以上で変換されます。音声データの形式が少しでも違うとエラーを吐くので注意

ささやき声に変換することをいろいろ試したのですが、これが一番近い結果でした、欲をいうと微調整できたら良かったのですがとりあえず。

ささやき声を加工して疑似バイノーラルする方法まとめ

なんかささやき声つくりたいなーと目標をもっていろいろ調べつつ、コンプをつかった音声加工たどり着きました。

結構沼な気がします。

あとReaperが本当に優秀です、複数トラック書き出しも自動でした。

目次
閉じる