メニュー

【Premiere】Mercury Playback Engineが選択できない時の解決方法

eyecatch_premiere_pro

PremiereのレンダラーはMercury Playback Engine のGPU アクセラレーション(CUDA)の方をなるべく使うようにしています。

※Mercury Playback Engine ソフトウェア処理の2倍以上早い

すいみん

ただレンダリングエラーが出ることがあります。

ビデオカードのドライバーのバージョンを上げたところ、選択すらできなくなったのでその解決方法です。

目次

Mercury Playback Engine が選択できない時の解決方法

ずばり、ドライバーのダウングレードです。

最新のドライバーには対応していないことがあるので、 Mercury Playback Engine が選択できない時は、できるだけバージョンを下げることをおすすめします。

NVIDEA ドライバーダウンロード

またレンダリングエラーが起きたら、なるべくロスを避けるために早めに検証を重ねて潰すことをおすすめします。

【Premiere】Mercury Playback Engineが選択できない時の解決方法まとめ

本記事では「【Premiere】Mercury Playback Engineが選択できない時の解決方法」について書きました。

エラーが起きた時は、ドライバーをダウンロードして対応しましょう。

Premiere Proに関する参考記事・ツール・書籍のまとめ

Premiere Proに関する記事を下記にまとめました。

Premiere Proのソフトウェア購入

Adobe Creative Cloudを契約する必要があります。

安くする方法を載せておきます。

Premiere Proのオンライン学習

Premiere Proが動画で学べるオンライン学習サービスの紹介。

Premiere Proが学べるスクール

Premiere Proが学べるスクールを紹介します。

Premiere Proの参考書籍

Premiere Proの周辺機器

この記事も読まれてます

目次
閉じる