CG・映像デザイナー技術ブログ

【PowerPoint】選択した図形をロックする方法

assistant すいみん

こちらのCGメソッドの記事ではパワポでの資料作成の時に下に敷いている図形をロックする方法を紹介します!図形を固定できれば作業が一段に捗ります!
この記事の著者
CGブロガー すいみん

CGブロガー

すいみん

Suimin

プロフィール

某美大の油絵科を卒業後、大手CG映像プロダクションに入社。
その後ゲーム業界に転職。
現在は技術系のCGデザイナーをしています。 書籍:Unity デザイナーズ・バイブル
プロフィール詳細はこちら

通常の機能のみで図形をロック(固定)する方法

  1. 図形を作成して、切り取り(Ctrl+X)します。

  2. 表示>スライド マスターに切り替えて、図形をペースト(Ctrl+V)

  3. 表示>標準を押して、通常表示に戻します。図形は選択できないロック状態になっています!
    ポイント
    スライド マスターにオブジェクトに図形を配置すると、選択できない状態で表示されます。


元に戻したい時
元に戻したい時は、同様にスライド マスターを表示して、戻したい図形を選択してカット&ペーストしてやりましょう

マクロを使って図形をロックする方法

スライドマスターへの移動をマクロにしたものです。

択した図形を固定するマクロの登録

  1. Alt+F11でVBAのウインドウを起動します
  2. 挿入>標準モジュールを二つ作成

  3. 下記の『選択した図形を固定するコード』をコピペ

  4. 下記の『固定した図形の戻し方』をコピペ

    ポイント
    もしエラーが出てしまう場合は『’エラーチェック』の上に下記のコードを追加します
    'スライドを表示
    Private Sub ShowSlide()
    Application.ActiveWindow.ViewType = ppViewSlide
    Application.ActiveWindow.ViewType = ppViewNormal
    End Sub

  5. 2つのマクロの入力が終えたら、VBAのウインドウを閉じましょう。

図形をロックの使い方

  1. 図形を選択
  2. 表示>マクロ>lockShapesで図形をロックできます

図形のロック解除の使い方

  1. 右下のウインドウアイコンをShift+クリックでスライド マスターへ遷移

  2. 図形を選択

  3. 表示>マクロ>unlockShapesで図形をロック解除できます

参考 選択した図形を動かないように固定するPowerPointマクロqiita.com

まとめ

スライドマスターの使い方は是非覚えておきましょう!
マクロをメニュー化するとさらにパワポが便利になります!余裕がある人は是非お試しください。
【PowerPoint】好きなマクロを並べたカスタムタブメニューの作成方法

以上、すいみん(@cg_method)でした!

パワーポイントに関する参考記事・ツール・書籍のまとめ

パワーポイントに関する記事を下記にまとめました。



powerpoint-summary-article


仕事効率化!パワーポイントに関する便利機能まとめ

パワーポイントのソフトウェア購入

ソフトはAmzonで即購入できます。

パワーポイントの周辺機器

説明する時にポインターがあると捗ります。

パワーポイントの参考書籍

見た目をおしゃれかつわかりやすくするための書籍です。