CG・映像デザイナー技術ブログ

【Photoshop】数値入力で図形を移動させる方法

eyecatch_ photoshop

UIにおいて、パーツや余白のサイズにルールを設けている場合、数値入力で位置を調整したいことがままあります。

その方法を2つ紹介。

この記事の著者
CGブロガー すいみん

CGブロガー

すいみん

Suimin

プロフィール

某美大の油絵科を卒業後、大手CG映像プロダクションに入社。
その後ゲーム業界に転職。
現在は技術系のCGデザイナーをしています。 書籍:Unity デザイナーズ・バイブル
プロフィール詳細はこちら

自由変形時の数値入力で図形を移動させる方法

表題の通り。Ctrl+Tで自由変形モードにして、左上のボックスから数値入力にて、図形を移動させます。

スクリプトにて数値入力で図形を移動させる方法

図形を選択して、Pixel Move.jsxというスクリプトを実行します。

ダイアログが出るので、数値入力すればOK。もちろんグループからでも実行可能です。

Pixel Move 数値入力で移動するスクリプト | Sorairo | Designer Amane

以上、すいみん(@cg_method)でした!

Photoshopに関する参考記事・ツール・書籍のまとめ

Photoshopに関する記事を下記にまとめました。



photoshop-summary-article


便利な機能紹介!Photoshopに関する作り方まとめ

フォトショップのソフトウェア購入


eyecatch-buy-adobe-creative-cloud
【Adobe Creative Cloud】最安!アドビ認定スクールから購入する方法(+講座付き)

フォトショップの参考書籍

assistant すいみん

独学で勉強できてしまうPhotoshopですが、他の人の手法を見ると全然使いこなせてなかったことに気がつくこともあります