CG・映像デザイナー技術ブログ

【Photoshop】スクリプト作成によく使うスクリプト集とTIPS

eyecatch_ photoshop

この記事の著者
CGブロガー すいみん

CGブロガー

すいみん

Suimin

プロフィール

某美大の油絵科を卒業後、大手CG映像プロダクションに入社。
その後ゲーム業界に転職。
現在は技術系のCGデザイナーをしています。 書籍:Unity デザイナーズ・バイブル
プロフィール詳細はこちら

Photoshopスクリプト作成によく使うスクリプト集

Photoshopスクリプト作成時に使うミニスクリプトをまとめてみました。

Photoshopを他のアプリケーションより前面に移動

背景レイヤーがある場合は解除

最前面のレイヤーを選択

一つ上のレイヤーに移動

一つ下のレイヤーに移動

名前から選択して選択状態にする

インデックス番号から選択して選択状態にする


※非選択状態でlay[0]としても選択できず、[1]なら選択状態になるので一度違うところを選択

レイヤーマスクがあるかどうかの判定

名前選択したレイヤーを非表示

一番下のレイヤーを削除

すべてのレイヤーを個別にラスタライズ

GIF保存

親レイヤーの名前をリスト表示

全てのレイヤー名をリスト表示

レイヤーの種類と透明度の変更

プログレスバーの処理

スクリプトのパスを取得

拡張子を除く

コメントアウト

//--------------------------------------------------
// 関数
//--------------------------------------------------

try catch文

tryの中の処理でエラーが発生したらcatchの中の処理が実行されるので、何かしらエラーが起きたらダイアログを出すことにしてみます。

#target photoshop

function test(){
    try {
        //作成したスクリプト
    } catch (e){
        alert("エラー発生");
    }
}
 test();

[即時関数]ドラッグ&ドロップでスクリプトを実行する方法

  • function()を(function(){})();というように囲みます。
(function(){
alert("テストだよ!");
})() ;

下記の記述でもOK

(function(){
alert("テストだよ!");
}()) ;

ドキュメントのタブの空白部分にスクリプトをドラッグ&ドロップするだけです。

特定のPSDデータを一発で開くスクリプト

カッコの中にパスを入れるだけです。
* openSpecificFile.jsx

外部からjsxを読み込み・実行するスクリプト

難読化されて、実行する関数がわからない。
読み込めば起動するスクリプトを外部において、別のスクリプトから実行したい場合に。

これで中身が読めないスクリプトも、別のスクリプトから実行できます。

STEP.1
実行したいスクリプトを用意
下記のスクリプトをデスクトップに置きます。

alert.jsx

alert("テスト\nHello World");

STEP.2
外部からjsxを読み込み・実行

Adobe ExtendScript Toolkitから下記のコードを実行

evalFile関数を使用、パスも入力。


var external = $.evalFile("C:/Users/namae/Desktop/alert.jsx");
```

ちなみに中の部分にプログラムを記述しても動きます。

var external = $.evalFile(alert("テスト\nHello World"));

メイン部分の記述だけjsxbinで暗号化する等もできます。

自作スクリプトをメニューに表示させる方法

カスタムメニューからスクリプトを実行できないか調べてみました。
結果プラグインを作成する場合を除けばメニューの4箇所にスクリプトを置くことができるようです。

ちなみにスクリプトをメニューに表示させるメリットとしては2つあります。

  1. ショートカット登録ができるようになる
    2, スクリプトへのアクセスがしやすい(例えばフィルターのメニューからすぐに実行できたり)

よくあるスクリプトの格納場所
スクリプトを下記のパス(バージョンは自分で変更する)を格納します。


C:\Program Files\Adobe\Adobe Photoshop CC 2019\Presets\Scripts

STEP.1

Photoshopを起動してファイル>スクリプトを開くと自作スクリプトは表示されます。

スクリプトに記述を追加して表示場所を変更する方法

スクリプトに記述を足すと

  1. スクリプト(仕切り(グループ)の位置を変更できる)
  2. 自動処理
  3. フィルター
  4. ヘルプ

の4箇所からスクリプトを表示することができます。(※プラグインの場合は除く)

//スクリプトに表示
/*
<javascriptresource>
<name>アラート</name>
<menu></menu>
<category>Layers</category>
<enableinfo>true</enableinfo>
</javascriptresource>
*/
alert("アラート!");
//自動処理に表示
/*
<javascriptresource>
<name>アラート</name>
<menu>automate</menu>
<category>Layers</category>
<enableinfo>true</enableinfo>
</javascriptresource>
*/
alert("アラート!");
//フィルターに表示
/*
<javascriptresource>
<name>アラート</name>
<menu>filter</menu>
<category>Layers</category>
<enableinfo>true</enableinfo>
</javascriptresource>
*/
alert("アラート!");
//ヘルプに表示
/*
<javascriptresource>
<name>アラート</name>
<menu>help</menu>
<category>Layers</category>
<enableinfo>true</enableinfo>
</javascriptresource>
*/
alert("アラート!");

Aboutについて

ちなみに下記の記述を足すとヘルプ>プラグインについての項目にも説明POPが追加されます。

<about>アラートの説明</about>

参考 ADOBE PHOTOSHOP SCRIPTINGadobe.com

Photoshopスクリプト作成によく使うスクリプト集とTIPSまとめ

以上です。便利なので是非覚えておきましょう。

Eyecatch-CGM_PhotoshopScript 【Photoshop】作業効率化!おすすめの便利スクリプト20選 Eyecatch-CGM_PhotoshopScript-UI 【Photoshop】UI制作効率化!おすすめのスクリプト9選 【Photoshop】イラスト作業効率化!おすすめのスクリプト12選

以上、すいみん(@cg_method)でした!

Photoshopに関する参考記事・ツール・書籍のまとめ

Photoshopに関する記事を下記にまとめました。



photoshop-summary-article


便利な機能紹介!Photoshopに関する作り方まとめ

フォトショップのソフトウェア購入


eyecatch-buy-adobe-creative-cloud
【Adobe Creative Cloud】最安!アドビ認定スクールから購入する方法(+講座付き)

フォトショップの参考書籍

assistant すいみん

独学で勉強できてしまうPhotoshopですが、他の人の手法を見ると全然使いこなせてなかったことに気がつくこともあります