CG・映像デザイナー技術ブログ

【Photoshop】テンプレートから大量の文字や画像を差し替える「データセット」の使い方

eyecatch-photoshop-data-set

標準機能データセットを使います。

テキストや表示、画像を変数を定めることで、CSVの入力内容を読み込んで大量にデータを作成することが出来ます。

この記事の著者
CGブロガー すいみん

CGブロガー

すいみん

Suimin

プロフィール

某美大の油絵科を卒業後、大手CG映像プロダクションに入社。
その後ゲーム業界に転職。
現在は技術系のCGデザイナーをしています。 書籍:Unity デザイナーズ・バイブル
プロフィール詳細はこちら

基本的なやり方(テキストの差し替え方法)

テンプレートの作成

まずは適当に文字を入力して、テンプレートを作成します。

出力するファイル名をIDにしたいので、IDという名前の透明なテキストも作成します。

変数の定義

イメージ>変数>定義を選択します。

文字入力のレイヤーを選択して、

  • テキストの置き換えにチェック
  • 名前をtextに

します。

同様にIDもidという変数に定義しておきます。

CSVデータの作成

エクセルを開きます。

  • 1列目に項目(変数)
  • 2列目以降は、入力したい文字を入力します。

最後にCSVで保存。

データセットする

イメージ>変数>データセットを選択します。

  • ダイアログから読み込みを選択。
  • ファイルを選択から保存したCSVを指定
  • 最初の列をデータセット名として使用にチェック

エクセルを閉じて、OKボタンを押します。

※ 閉じないと警告(要求された操作を完了できません。別のアプリケーションでファイルが使用中か、開いています。)が出ます。

CSVデータが読み込まれます。

プレビューにチェックを入れて、データセットを切り替えながら、中身を確認します。

データの大量生成

ファイル>書き出し>データセットからファイルを書き出しを選択。

  • 保存先を選択
  • ファイル名はIDのみにしたいので、データセットのみに

OKボタンを押すと、データセットの数だけPSDデータが生成されます。

表示のON/OFF

テンプレートの作成

下記のようなテンプレートを用意。

AとBのレイヤー表示を_ON/OFFします。

変数の設定

  • 表示にチェック
  • 変数名を入力

CSVの作成

エクセルを閉じて、イメージ>変数>データセットからCSVを読み込みます。

※定義した変数とCSVの項目数が一致してない場合は下記のようなエラーが出る場合ファイルの内容をデータセットとして解析出来ませんでした。テキストファイルの最初の行に変数名が多すぎます。がでます。

データが読み込まれます。最後にプレビューで確認。

画像の差し替え

テンプレートの作成

下記のようなテンプレートを用意。

A(friends_school.png)とB(friends_man_woman.png)の画像を用意します。

変数の設定

  • 画像の置き換えにチェック
  • 変数名を入力

※スマートオブジェクトでは画像の置き換えはできないので、ラスタライズしておきます。

CSVの作成

ちなみに画像データはフォルダにまとめましたのでパスは

images/picture.png というような感じで指定。

最後にCSVを読み込み、確認します。

複数のPSDデータからJPGやPNGを出力する方法

データセットからファイルを書き出しはPSD出力なので、さらにイメージプロセッサー機能で画像を出力します。

【Photoshop】複数のPSDデータからJPGやPNGを出力する方法 – CGメソッド

参考

設定できたら天国!Photoshop データセットとCSVでPSDファイルを量産する方法★LINEスタンプ作成にも◎ | ゆうこのブログ

以上、すいみん(@cg_method)でした!

Photoshopに関する参考記事・ツール・書籍のまとめ

Photoshopに関する記事を下記にまとめました。



photoshop-summary-article


便利な機能紹介!Photoshopに関する作り方まとめ

フォトショップのソフトウェア購入


eyecatch-buy-adobe-creative-cloud
【Adobe Creative Cloud】最安!アドビ認定スクールから購入する方法(+講座付き)

フォトショップの参考書籍

assistant すいみん

独学で勉強できてしまうPhotoshopですが、他の人の手法を見ると全然使いこなせてなかったことに気がつくこともあります