メニュー

【OculusQuest】プレイ画面を共有!ミラーリングする方法まとめ[PC・テレビ・スマホに出力]

eyecatch-oculus-quest-mirroring-scrcpy

Oculus Questのプレイ画面をPCやTV、スマホに出力したいと思ったことはないでしょうか?

  • 友達に画面を見せたい
  • 動画に出力して録画したい
  • SNSに動画投稿した

などミラーリングすることで、よりVRを使って体験を共通できる手段になります。

すいみん

VRゲームのスクショがしたい!

そこで実際にミラーリングしてみたので、その設定方法などを解説していきます。

目次

1番簡単!「Chromecast Ultra」から画面共有(ミラーリング)する方法

クロームキャストのデバイスを使った一番簡単なやり方です。

※ちなみにBeatSaberは共有不可です。

本当に簡単で「Chromecast Ultra」を購入します。


※Chromecast 3でもOK

STEP

Chromecastをテレビ接続

事前にガイドに従ってWi-Fi設定しておきましょう

STEP

ミラーリングボタンを押す

Oculus Questを被ってメニューの「シェア」から画面共有>ミラーリング先のアプリを選択します。

ミラーリングアイコンはOculusアプリから上部メニューにあります。

STEP

ミラーリング接続先を選択

ミラーリング先をChromecast にすればOKです。


Oculus公式スマホアプリから画面共有(ミラーリング)する

スマホのアプリからでもOculus Questの画面のミラーリングできます。

※スマホアプリ限定です。

STEP

ミラーリングアイコンをタップ

Oculusアプリから上部メニューにあるミラーリングアイコンをタップ

STEP

ミラーリングを開始

ミラーリングを開始ボタンを押します。

STEP

許可

Oculus Questを被って許可を押すだけです。

以上でスマホで画面共有できます。

AirReceiver(エアレシーバー)を使ってテレビに画面共有する

「Oculusアプリ」の応用技として「Fire TV Stick」の連携技も可能です。

※Fire TV Stickが必要です。

そしてもうひとつ「AirReceiver」のアプリ(有料 305円)も必要です。

STEP

アプリをインストール

Fire TV Stick側でAirReceiverのアプリをインストールしましょう。

AirReceiver

AirReceiver

felix.long¥330posted withアプリーチ

STEP

AirReceiverの起動

Fire TV Stickから購入したAirReceiverアプリを起動します。

STEP

AirPlay接続

iPhoneのメニューから「画面ミラーリング」を選びましょう。

AirPlayの接続先をAFTM(Fire TV Stick)を選べば画面共有されます

scrcpyから無料で画面共有(ミラーリング)する()

scrcpyはUSBまたはTCP/IP経由で端末の画面表示や操作を行うアプリケーションです。

技術者向けですが、無料かつ一番画質の良い画面共有方法です。

まずスマホアプリから「開発者モード」をONにします。

STEP

Oculusのスマホアプリを開く

スマホに入れた「Oculusのアプリ」を開きます。

STEP

設定へ

右下の設定ボタンを押します。

STEP

その他の設定へ

「Oculus Quest xxxxxxxxxxx」の項目をタップします。

STEP

開発者モードのスイッチをONに

その他の設定>開発者モードへタップして、開発者モードのスイッチをONにします。

開発者モード

STEP

USB接続

付属のUSB(TypeC)ケーブルでPCとOculus Questを接続します。

STEP

Oculus Questを起動

接続後Oculus Questを起動します。

STEP

許可ボタンを押す

起動するとUSBの接続音が鳴り、「Allow USB debugging?」というダイアログがでます。

ダイアログの「Always allow frome this computer」をチェックをして、OKボタンを押しましょう

※VR内での操作です!

以上で開発者モードをONになります。

かならずダイアログのOKボタンを押しましょう!
出ない場合は接続確認やOculus Questを再起動しましょう

STEP

scrcpyのダウンロード

続いてWindowsでのscrcpyの起動します。

※macでの起動は後述にて。

下記のサイトから緑色のダウンロード(Clone or download)ボタンを押してZIPデータ(scrcpy-master.zip)をダウンロードします。

Windowsはもう1つデータ(scrcpy-win64-vx.xx.x.zip)をダウンロードします。

STEP

scrcpyのデータ準備

scrcpy-master.zipデータを解凍してフォルダ名を「scrcpy」にリネーム。

下記のURLに格納します。

C:\Program Files\scrcpy

※2つのデータは下記のような階層で格納してます。

scrcpyフォルダ(scrcpy-master.zipの解凍した中身)

➡その階層下にscrcpy-win64フォルダ(scrcpy-win64-vx.xx.x.zipの解凍した中身)

STEP

USBケーブル接続

Oculus Questの付属についていたUSBケーブルをPCに繋ぎます。

デバイスが認識していることを確認。

デバイスの認識
STEP

コマンドプロンプトを起動

管理者権限でコマンドプロンプトを起動します。

STEP

ディレクトリを変更

cd C:\Program Files\scrcpy\scrcpy-win64

STEP

IPアドレスを確認

adb shell ip addr show wlan0

※adb connect 192.168.0.xx部分がIPアドレスです。

※adbコマンドを実行するためにはadbドライバーのインストールが必要です。

詳しくはこちらの記事にて

STEP

TCPモードへ切り替え

adb tcpip 5555

STEP

接続

adb connect 192.168.0.xx:5555

※接続後USBケーブルは抜いちゃいましょう

STEP

scrcpyの実行

scrcpy.exe

コマンドプロンプト1
STEP

ミラーリングの確認

以上で、PCにOculus Questの画面が共有されます。

コマンドプロンプト2

Macでのscrcpyの起動方法

やり方は公式サイト通りの感じです。

ターミナルを起動して下記の流れで実行します。

STEP

scrcpyをインストール

ターミナルを起動してhomebrewでscrcpyをインストール

brew install scrcpy

STEP

パスを通す

「platform-tools」にパスを通します。

brew cask install android-platform-tools

STEP

scrcpyの実行

scrcpy

scrcpyでの共有画面の録画方法

録画する時の様々な録画ケースを紹介します。

片目だけ表示したい時

scrcpy.exe -m 1920 -c 1440:1600:0:0

切断する

adb disconnect

別のコマンドプロンプトを立ち上げて実行すること!

録画する

scrcpy.exe -m 1920 -r fullscreen.mp4

下記のパスに動画が保存されます。

※切断コマンドで終了してから確認すること!

C:\Program Files\scrcpy\scrcpy-win64\fullscreen.mp4

いつでも起動できるようにする

メモ帳で下記のコードをコピペして、「mirror_start.bat」みたいな感じでバッチファイルにします。

cd C:\Program Files\scrcpy\scrcpy-win64
 adb tcpip 5555
 adb connect 192.168.x.xx:5555
 scrcpy.exe -m 1920 -c 1440:1600:0:0
 pause

scrcpyをGUIで操作!「Quest Mirror」の紹介

※前提条件:adbコマンドが実行できる状態にしておきましょう!

やり方は下記の記事にて。

STEP

Quest Mirrorをダウンロード

下記のURLからQuestMirror(ページ下にリンクがあります)をダウンロード

例:https://github.com/Genymobile/scrcpy/releases/download/vx.xx/scrcpy-win64-vx.xx.zip

STEP

scrcpyのデータの格納

解凍して

C:quest-mirror-win32-x64
L scrcpy

みたいなフォルダ構成に(scrcpyのデータを中に入れる)

STEP

quest-mirror.exeを実行

あとはquest-mirror.exeを実行するだけ!

STEP

QuestMirrorの再生ボタンの実行

GUIが起動するのであとは再生ボタンを押すだけ!

QuestMirror1

コマンドも充実していていい感じです!

QuestMirror2
すいみん

scrcpyを使う時はGUIで操作できる「Quest Mirror」を入れておきましょう!

Oculus Questで画面共有(ミラーリング)する方法まとめ

本記事は「【OculusQuest】プレイ画面を共有!ミラーリングする方法まとめ[PC・テレビ・スマホに出力]」について書きました。

せっかくのVR体験を他の人に画像や動画で共有するためにはPC・テレビ・スマホなどの別のデバイスに画面共有(ミラーリング)することが必須です。

実際にそれぞれのデバイスに出力してみたので、その使い方を紹介でした。

すいみん

個人的には1番楽で簡単な「Chromecast Ultra」の購入をおすすめします!

画面共有ができるようになるとプレイ動画をとったり、スクショしたりと便利なのでOculus Questを持っている方は是非試してみてください。

VRに関する本体・周辺機器・関連書籍のまとめ

VRヘッドセットに関してまとめました。

PC必要無し! スタンドアロンVRヘッドセット「Oculus Ques2」の購入

すいみん

Oculus Quest2は2020年10月13日に発売されたばかりの新機種です。
今後VRでメインになるデバイスなので、是非Oculus Quest2でVRを体験ををしてみて下さい!

すいみん

解像度が倍になったOculusQuest2がとうとう発売されました!

Oculus Quest2が更に楽しくなる!備品グッズまとめ

Oculus Quest2 Eliteストラップ

Oculus Quest2の柔らかいヘッドバンドだと微妙にVRゴーグルがずれて、画面がぼやけてしまいます。
このEliteストラップを装着するととしっかり固定されてまったく画面がぼやけなくなるのでおすすめです。

すいみん

特に眼鏡の人にはおすすめのアタッチメントです

Oculus Quest2 フィットパック

Oculus Quest2をより顔の形に合わせてることができるアタッチメントです。
・2種類の接顔部(広め、細め)
・遮光ブロッカー(鼻梁が低め)
が格納されています。

すいみん

遮光ブロッカーが良い感じで、より没入感を高めてくれます

Oculus Quest2 携帯用ケース

Oculus Quest 2の専用ケースです。
ヘッドセットに加えて、Touchコントローラ-2機、充電ケーブル、および電源アダプターを入れることができます。

すいみん

イベントやだれかにVRを体験してもらいたい時の持ち運びに!

Oculus Questが更に楽しくなる!備品グッズまとめ

ここからは定番の周辺機器を紹介します。

Oculus Quest Oculus Link用 USB3.0ケーブル

すいみん

約1.8Aの大共有で充電しながらOculus Linkが使えます!

レンズの汚れを掃除するならレンズペン

すいみん

カメラの手入れで有名なレンズペン!VRデバイスでも重宝します!

Oculus Quest インイヤーヘッドホン

すいみん

ヘッドホンは頭を締め付けるのでイヤホンにしました

イヤホン用ホワイトノイズ除去の延長コード

すいみん

イヤホンとの間に音量調整できる延長コードを挟むと劇的にノイズが除去されて改善します!

コントローラー用乾電池

すいみん

電池の消耗が比較的激しいので充電式のニッケル水素電池がおすすめです!

コントローラー用カバー

すいみん

「Beat Saber」を夢中になって振り回しているとコントローラーがすっぽ抜けてるのでカバー必要です

充電ケーブルをL字型にさせるアダプター

すいみん

ケーブルの負荷を避けたい人はL字型のアダプターをつけることをおすすめします

Beat Saber ダースモールスタイル コントローラーアタッチメント

すいみん

Beat Saberでダースモールスタイルでプレイできるようになります!

この記事も読まれてます

目次
閉じる