メニュー

Neo FileInfoList│ファイルの詳細表示の項目をリスト出力するツール紹介

Windows Vistaからエクスプローラーの詳細表示の項目数が増えました。

例えば画像のサイズを表示する「大きさ」など、UIの素材リストを作成するときに非常に便利な情報です。

ただ、新規に増えた項目をリスト出力するフリーソフトは意外と少なく、いくつか試してようやく見つけました。

目次

海外でフリーランスをしているテクニカルアーティスト
ゲーム開発・映像制作・WEB制作等を請け負っています。
当ブログは作業効率化のための技術ブログです。

Neo FileInfoListの導入方法

  • 下記からダウンロードしてインストール。

※余計なソフトも入る選択があるので注意。チェックをはずすこと

※Cドラに入れなくても起動します。

Neo FileInfoListの使い方

  • ソフトを起動して参照したいフォルダを選択します。
  • 詳細設定から出力したい情報を選択して順番を整理します。
  • 出力ボタンを押します

CSV出力例

以上です。

まとめ

素材リストを手入力で作成すると、結構手間がかかってしまいます。

取得できる情報は効率よく、ソフトの機能を上手く使うと作業が捗ると思います。

全記事一覧

  • URLをコピーしました!
目次