メニュー

【Maya】Turtleでオクルージョンをベイクしてテクスチャを作成する方法

maya2017からmentalrayがなくなりましたので、Batch Bake(mentalray)を使わないアンビエントオクルージョンのテクスチャ焼き付け方法するを探してみました。

目次

Turtle

「Turtle」と呼ばれるGIベースのレンダラーでのテクスチャベイキングを使う方法でアンビエントオクルージョンのテクスチャ焼き付けをしてみます。

プラグインのロード

Windows>Settnigs/Preferences>Plug-in ManagerのTurtle.mllにチェック

Tutleの起動

  • Renderingタブ>Lighting>Shadhing>Bake Layer Editor(TURTLE)を起動

レイヤーとオブジェクトの登録

  • New Layerボタンを押してilrBakeLayer1を作成
  • 次に焼き付けたオブジェクトを全て選択して、Add Selectedボタンを押して登録

ilrBakeLayerの設定

  • TB Mergeにチェック 複数のオブジェクトでも1テクスチャにて出力
  • TB Save To Fileにチェック テクスチャの保存
  • Customのマッピングボタンを押して、ilrOccSamplerのシェーダーを選択。シェーダーのパラメーターを調整してAOの出力調整する
  • Tb Image Formatから拡張子を選択 例 PNG
  • Tb Directoryに保存先のパスを入力 例 images

Render Settingsの設定

  • レンダーをTurtleに変更
  • Bake LayerをilrBakeLayer1に変更

あとは出力サイズなど確認してレンダリングすればOK

AREA JAPAN
20. テクスチャベイク(アンビエントオクルージョン) このビデオでは、キャラクタにアンビエントオクルージョンのテクスチャをベイクする方法についてご紹介します。レンダラーには、Turtleを使用します。...
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

Mayaに関する参考記事・ツール・書籍のまとめ

Mayaに関する記事を下記にまとめました。

Mayaのソフトウェア購入

Mayaの参考書籍

すいみん

基本のおさらい!

すいみん

キャラモデリングする時に読んでおきたい本です!

すいみん

北田さんの知見は本当に貴重なので背景モデラー問わず必須の書籍です!

すいみん

リガーを目指すと中堅の人は絶対読んでおきましょう。セットアップの話は難しいのですが、漫画になっているのでわかりやすいです。

すいみん

プロのアニメーターってどんな動きを作って何を考えているのか?参考になる書籍です。

この記事を書いた人

すいみんのアバター すいみん フリーランスデザイナー

技術的なことが好きなフリーランスのデザイナー。
ブログが好きで月間20万PVの技術ブログを運営。
書籍のお仕事もしています。
・「Unity デザイナーズ・バイブル」
・「Unityゲーム プログラミング・バイブル 2nd Generation」
ご依頼はこちらから!

この記事も読まれてます

目次
閉じる