【Maya】HumanIKのセットアップ方法

HumanIKのセットアップ方法の解説です。
極々、基本的なことしか書いていません。

この記事の著者
CGブロガー すいみん

CGブロガー

すいみん

Suimin

プロフィール

某美大の油絵科を卒業後、大手CG映像プロダクションに入社。
その後ゲーム業界に転職。
現在は技術系のCGデザイナーをしています。 書籍:Unity デザイナーズ・バイブル
プロフィール詳細はこちら

HumanIKの特徴

基本的な特徴は2点です。

フルボディIK(FBIK)

体全体に作用するIKシステムです。IKを動かすと体全体のアニメーションが自然に補正にされます。

第9回:Autodesk Human IKを使うと何が変わる? | 次世代メディアとM&E | AREA JAPAN

第10回:Autodesk Human IKはシンプルです | 次世代メディアとM&E | AREA JAPAN

リターゲット

キャラクターに合わせてモーションデータを流しこむことができます。

第12回:パイプラインの中でのHumanIK | 次世代メディアとM&E | AREA JAPAN

【Maya】HumanIKへモーションデータを流用する方法(リターゲット)

セットアップの流れ

  • モデルを作成。クリーンナップやオプティマイズをかけてデータをきれいにしておく。
  • 骨打ち。Create Skeltonでベースを作成しても良いですが、調整は必要。

  • 骨の方向の調整。Orient Jointをかけて、方向が正しいかチェック

第5回:リギング ~ちょっとだけお堅い話です~ | Chara@Maya~Maya 2016で気軽にはじめるキャラクター制作~ | AREA JAPAN

  • モデルと骨を作成してバインド。多面体ボクセル(Geodesic Voxel)がおすすめですが、結局は次のスキニングで地道な調整が必要
  • スキニング。骨を動かしてはウェイトの調整。良ければロックをかけて次の骨の調整へ
参考 最新Mayaを使ったUnity 5向けキャラクターセットアップセミナー&使いこなしTipsRecently Uploaded Slideshows
  • HumanIKの骨の定義(Definition)ついでにRename Charactorで骨の名前も変更しておく

  • コントローラーの生成。Add Selection>IKで全てのIKを選択してRadiusの値を調整しやすいように変更しておく

Quick Rig(クリックリグ)

Skelton>Quick Rig

上記の流れをシンプルにまとめたものがクリックリグです。

+ボタンからモデルを選択してStep-By-Stepの表示にして後は流れのままにセットアップします。

初めての時はこちらを使って流れをつかむのも良いと思います。

Maya新機能 「クイックリグ」を使ってみた。簡単にキャラクターセットアップが可能に??②

HumanIKのセットアップ参考

ヘルプ

参考 BornDigital主催 Autodesk MayaLTセミナー資料 HumanIK×Mecanim使いこなしTips(キャラアニメ編)取得できませんでした

関連記事

【Maya】HumanIKのアニメーション方法

以上、すいみん(@cg_method)でした!

Mayaに関する参考記事・ツール・書籍のまとめ

Mayaに関する記事を下記にまとめました。



maya-summary-article


作業効率化!Mayaに関する作り方まとめ

Mayaのソフトウェア購入

\最大20%OFFの期間限定セール中!/

✓2020年10月23日まで

Mayaの参考書籍

すいみん

基本のおさらい!

すいみん

キャラモデリングする時に読んでおきたい本です!

すいみん

北田さんの知見は本当に貴重なので背景モデラー問わず必須の書籍です!

すいみん

リガーを目指すと中堅の人は絶対読んでおきましょう。セットアップの話は難しいのですが、漫画になっているのでわかりやすいです。

すいみん

プロのアニメーターってどんな動きを作って何を考えているのか?参考になる書籍です。