メニュー
Kindle9周年!読み放題が3か月199円!詳しく見る

【Maya】HumanIKのセットアップ方法

HumanIKのセットアップ方法の解説です。
極々、基本的なことしか書いていません。

目次

HumanIKの特徴

基本的な特徴は2点です。

フルボディIK(FBIK)

体全体に作用するIKシステムです。IKを動かすと体全体のアニメーションが自然に補正にされます。

リターゲット

キャラクターに合わせてモーションデータを流しこむことができます。

あわせて読みたい
【Maya】HumanIKへモーションデータを流用する方法(リターゲット) 今までanimImport/animExportでしかアニメーションの流用をやったことがなかったのですが、HumanIKの特徴の一つであるリターゲットを試してみました。 【HumanIKへモー...

セットアップの流れ

  • モデルを作成。クリーンナップやオプティマイズをかけてデータをきれいにしておく。
  • 骨打ち。Create Skeltonでベースを作成しても良いですが、調整は必要。

  • 骨の方向の調整。Orient Jointをかけて、方向が正しいかチェック

第5回:リギング ~ちょっとだけお堅い話です~ | Chara@Maya~Maya 2016で気軽にはじめるキャラクター制作~ | AREA JAPAN

  • モデルと骨を作成してバインド。多面体ボクセル(Geodesic Voxel)がおすすめですが、結局は次のスキニングで地道な調整が必要
  • スキニング。骨を動かしてはウェイトの調整。良ければロックをかけて次の骨の調整へ
あわせて読みたい
最新Mayaを使ったUnity 5向けキャラクターセットアップセミナー&使いこなしTips 2015/4/14のUnite 2015 Tokyo workshopで行われた 『最新Mayaを使ったUnity 5向けキャラクターセットアップセミナー&使いこなしTips』の資料です。 講演のビデオ等はこち...
  • HumanIKの骨の定義(Definition)ついでにRename Charactorで骨の名前も変更しておく

  • コントローラーの生成。Add Selection>IKで全てのIKを選択してRadiusの値を調整しやすいように変更しておく

Quick Rig(クリックリグ)

Skelton>Quick Rig

上記の流れをシンプルにまとめたものがクリックリグです。

+ボタンからモデルを選択してStep-By-Stepの表示にして後は流れのままにセットアップします。

初めての時はこちらを使って流れをつかむのも良いと思います。

Maya新機能 「クイックリグ」を使ってみた。簡単にキャラクターセットアップが可能に??②

HumanIKのセットアップ参考

ヘルプ

あわせて読みたい
BornDigital主催 Autodesk MayaLTセミナー資料 HumanIK×Mecanim使いこなしTips(キャラアニメ編) 2013/11/28に開催されました、『HumanIK×Mecanim徹底解説セミナー』で使用しました資料を一部手直ししたものです。 当日のセミナーの内容は、以下のURLを参照してください...

関連記事

あわせて読みたい
【Maya】HumanIKのアニメーション方法 続いてHumanIKのアニメーションの作成方法です。 【アニメーションについて】 アニメーションの設定の確認 まずは基本でFPSの確認 あとはmaya2017のデフォルトではIndep...
目次
閉じる