メニュー

【Maya】HumanIKへモーションデータを流用する方法(リターゲット)

今までanimImport/animExportでしかアニメーションの流用をやったことがなかったのですが、HumanIKの特徴の一つであるリターゲットを試してみました。

目次

HumanIKへモーションデータを流用する方法(リターゲット)のやり方

  • まず適当なHumanIKのデータを用意(Character1)。こちらに別のデータのモーションを流用します。
  • HumanIKメニューにmayaのモーションの入ったサンプルデータがありますのでこちらを使います。

Import Samples> Import Animation Example

  • HumanIKのCharacterを「Character1」にして、Source「Dummy_Fight」に、これだけでモーションのりターゲットが完了します。

ネットで見つけたモーションデータを流用する方法

データの入手

Perfumeのダンスのモーションデータをダウンロードします。

Perfume Global Lab
Perfume Global Lab このサイトでは、Perfumeがこれまでに行ってきたライヴ、ミュージックビデオ、Website、モバイルアプリなど様々なプロジェクトの概要を紹介します。
  • aachan.bvh
  • kashiyuka.bvh
  • nocchi.bvh

こちらデータの形式がBVHですので、プラグインなり、Blenderなり、motion builderなり使ってどうにかmayaへコンバートします。

※ 今回は昔、プラグインでコンバートしたデータがあったので使用しています。

現在プラグイン(BVH File Import Export for Maya)はmaya2012までしか対応していないようです。

” target=”_blank” rel=”nofollow”]

おすすめはBlenderというフリーの3DCG作成ソフトを使いBVHをインポートしてから、FBX形式でエクスポートしてmayaで読み込むと良いと思います。

データをHumanIKに定義する

  • コンバートしたPerfumeのモーションデータの骨を選択してHumanIKに定義していきます。

定義が済んだら、適応したいHumanIKのデータへインポートして、SourceにPerfumeのHumanIKを選べばモーションがリターゲットされます。


目次
閉じる