【Maya】HumanIKへモーションデータを流用する方法(リターゲット)

今までanimImport/animExportでしかアニメーションの流用をやったことがなかったのですが、HumanIKの特徴の一つであるリターゲットを試してみました。

この記事の著者
CGブロガー すいみん

CGブロガー

すいみん

Suimin

プロフィール

某美大の油絵科を卒業後、大手CG映像プロダクションに入社。
その後ゲーム業界に転職。
現在は技術系のCGデザイナーをしています。 書籍:Unity デザイナーズ・バイブル
プロフィール詳細はこちら

HumanIKへモーションデータを流用する方法(リターゲット)のやり方

  • まず適当なHumanIKのデータを用意(Character1)。こちらに別のデータのモーションを流用します。
  • HumanIKメニューにmayaのモーションの入ったサンプルデータがありますのでこちらを使います。

Import Samples> Import Animation Example

  • HumanIKのCharacterを「Character1」にして、Source「Dummy_Fight」に、これだけでモーションのりターゲットが完了します。

ネットで見つけたモーションデータを流用する方法

データの入手

Perfumeのダンスのモーションデータをダウンロードします。

参考 Perfume Global Lab取得できませんでした
  • aachan.bvh
  • kashiyuka.bvh
  • nocchi.bvh

こちらデータの形式がBVHですので、プラグインなり、Blenderなり、motion builderなり使ってどうにかmayaへコンバートします。

※ 今回は昔、プラグインでコンバートしたデータがあったので使用しています。

現在プラグイン(BVH File Import Export for Maya)はmaya2012までしか対応していないようです。

参考記事のタイトルとURLを入力してください” target=”_blank” rel=”nofollow”]

おすすめはBlenderというフリーの3DCG作成ソフトを使いBVHをインポートしてから、FBX形式でエクスポートしてmayaで読み込むと良いと思います。

データをHumanIKに定義する

  • コンバートしたPerfumeのモーションデータの骨を選択してHumanIKに定義していきます。

定義が済んだら、適応したいHumanIKのデータへインポートして、SourceにPerfumeのHumanIKを選べばモーションがリターゲットされます。


以上、すいみん(@cg_method)でした!

Mayaに関する参考記事・ツール・書籍のまとめ

Mayaに関する記事を下記にまとめました。



maya-summary-article


作業効率化!Mayaに関する作り方まとめ

Mayaのソフトウェア購入

\最大20%OFFの期間限定セール中!/

✓2020年10月23日まで

Mayaの参考書籍

すいみん

基本のおさらい!

すいみん

キャラモデリングする時に読んでおきたい本です!

すいみん

北田さんの知見は本当に貴重なので背景モデラー問わず必須の書籍です!

すいみん

リガーを目指すと中堅の人は絶対読んでおきましょう。セットアップの話は難しいのですが、漫画になっているのでわかりやすいです。

すいみん

プロのアニメーターってどんな動きを作って何を考えているのか?参考になる書籍です。