メニュー

【Maya】HumanIKのアニメーション方法

続いてHumanIKのアニメーションの作成方法です。

あわせて読みたい
【Maya】HumanIKのセットアップ方法 HumanIKのセットアップ方法の解説です。 極々、基本的なことしか書いていません。 【HumanIKの特徴】 基本的な特徴は2点です。 フルボディIK(FBIK) 体全体に作用するI...
目次

アニメーションについて

アニメーションの設定の確認

まずは基本でFPSの確認

あとはmaya2017のデフォルトではIndependent Euler-angle curvesになっているので特に変更は必要ないですが

Quaternion(クォータニオン)の場合はオイラー角に変更しておくことをおすすめします。

Preferences > Settings > Animation > New HIK curve default > :Independent Euler-angle curves

必要ならFBIK(フルボディIK)に設定

  • 開始のフレームはSキーで全てのコントローラーにキーを打つ(フルボディIKの場合)

コントローラーをキャラクターセットに登録してそれにキーを打つと一度に全てキーが打てて便利

キャラクターセットの作成

まずHumanIKの人形アイコン>Add to Selectionからコントローラー(IK・FK・ブレンドシェイプ動かすものすべて)を選択して

Riggingタブ>Control>Create Character Set

または下記のMELでキャラクターセットを作成する

//IK・FK選択
hikAddToSelection("IK");
hikAddToSelection("FK");
//キャラクターセット作成
character -name "CharacterSet1" -excludeVisibility -excludeScale;

キャラクターセットにキーフレームを打つ

ホットキー(Alt+S)に登録

select -r -ne CharacterSet1;
setKeyframe -breakdown 0 -hierarchy none -controlPoints 0 -shape 0 {"CharacterSet1"};

表示のON/OFF

パネル番号が変化している場合もあるので注意。

ポリゴンのみ表示

modelEditor -e -allObjects 0 modelPanel4;
modelEditor -e -polymeshes true modelPanel4;

すべて表示

modelEditor -e -allObjects 1 modelPanel4;

タイムスライダー上の編集

Shift+クリックで赤い表示になる。

Ctrl+ドラッグでキーをずらしたりでき、グラフエディターを開かなくても編集できる。

アニメーションのベイク(Bake To Skelton)

付け終わったらベイク。

Tips

ポーズを反転コピーしたい

  • まず、デフォルトの状態だと足のIKは数値入力で動くのですが、手は動きません。

選択して、IK Blend Tという1にしてやると動くようになるので、左右セットします。

  • 反転したい箇所をCtrlを押しながら選択

下記のURLのMEL(MirrorPose.mel)を使用すると反転できます。

Gist
【Maya】ポーズの反転コピー 【Maya】ポーズの反転コピー. GitHub Gist: instantly share code, notes, and snippets.
目次
閉じる