メニュー

1時間で作る!切り抜き動画の作り方[YouTube]

最近は作業BGMとして、ひろゆきの配信動画を見ています。

ひろゆきの動画がバズったきっかけである切り抜き動画も気になっていましたので、試しに自分で切り抜き動画を作成してみました。

  1. 動画のダウンロード(5分)
  2. 動画編集(30分)
  3. テロップ作成(20分)※サンプル動画は英訳(DeepL)も入れたので+20分
  4. 動画出力+YouTubeへのアップロード(5分)※サムネイル作成(5分)

本記事では、この切り抜き動画の作り方を紹介します。

すいみん

あくまでチュートリアル用の動画なので、今後の動画の追加はないです。

目次

切り抜き動画の作り方[YouTube]

切り抜き動画を数百本上げてから、勝負が始まると言われますので効率的に作る必要があります。

今回紹介する方法はテロップ付きで、難しい技術無しでかなり短時間で作成できます。

STEP

元動画を高画質でダウンロードするChrome拡張機能を入れる

Google ChromeのCrossPilot(YouTube Video Downloader)をインストールしましょう。

普通のChromeよりインストールするまでの承認手順が長いので注意してください。

インストールまでの動画もあります。

STEP

切り抜きたい動画をダウンロードする

YouTubeにダウンロードメニューが追加されているので、最高画質でダウンロードしましょう。

STEP

動画編集する

動画編集ソフトはなんでも良いです。※今回はAfter Effectsを使用しています。

下記の3つを編集します。

  1. 流したい動画の範囲をクロッピング ※2分程度です
  2. 動画の構図を決める ※テロップに顔が重なるので2重にしました。
  3. 動画のお題を載せる ※NEWS風にしてみました。

テロップはここではつけません。

動画編集が終わったらmp4で動画出力をしましょう。

STEP

Vrew(ブリュー)でテロップをつける

動画の音声を読み取って、テロップを作成するソフト、Vrew(ブリュー)でテロップを作成します。

詳しい使い方は下記の記事を見てください。

動画を取り込んだ時点で8割のテロップが完成しています。

あとはテロップを結合したり、誤字脱字を修正して動画の完成です。

最後にmp4で動画出力しましょう。

STEP

YouTubeの動画を投稿する

YouTubeに動画を投稿します。

電話番号認証をしていればサムネイルも差し替えできますので、Photoshopなどで作成して差し替えましょう。

こんな感じで、上記の2分程度の切り抜きであれば、簡単に動画制作ができます。

  1. 動画のダウンロード(5分)
  2. 動画編集(30分)
  3. テロップ作成(20分)※サンプル動画は英訳(DeepL)も入れたので+20分
  4. 動画出力+YouTubeへのアップロード(5分)※サムネイル作成(5分)
すいみん

動画を1時間で作成できても、100本作るには100時間必要です。

切り抜き動画の作り方まとめ[YouTube]

本記事では1時間で簡単に切り抜き動画ができる作り方を紹介しました。

とはいえ流行っているので、ここからクオリティアップとたくさんの動画投稿が必要になると思います。

興味のある方は、ぜひ試してみましょう!

目次
閉じる