メニュー

MacとWindowsのパスを相互に変換する方法[Automator]

MAC使い始めて困ったのが、Windowsユーザーとのパスやり取りです。

変換サイトが一番確実なのですが、右クリックからパスの変換もできるように対応してみました。

  • Windowsのパス(テキスト)→ MACで開けるパスに変換
  • MACのファイルからパス取得 → Windowsで開けるパスに変換
目次

Automatorの起動

MACで標準ではいっている「Automator」を使用します。

  1. Dock>Launchpad>その他>Automatorを開きます
  2. サービスを選択

あとは連携したい機能を選択して入力するだけです。

もらったWindowsの共有サーバーのパスをMACで開けるように変換する

Automatorで2つの設定をします。

STEP

シェルスクリプトを実行

「シェル/bin/bash」にして、「引数として」に。

あとの記述は下記を参照。

for f in "$@"
do
echo smb:${f//\\//}
done
STEP

クリップボードにコピー

Ctrl+Sで保存(Windows共有パスの変換.workflow)

以上でチャットなどで貼られるWindowsの共有サーバーのパスのテキストを選択して右クリック>サービス>Windows共有パスの変換でMACで読み込めるパスに変換されます。

Finderで選択ファイルからWindowsでも開けるパスに変換する

Automatorで3つの設定をします。

STEP

AppleScriptを実行

STEP

JavaScriptを実行

function run(input, parameters) {
    return decodeURI(input).normalize('NFC');
}
STEP

クリップボードにコピー

Ctrl+Sで保存(Windowsで開けるパスのコピー.workflow)

以上で、ファイルを選択>右クリック>クイックアクセス>Windowsで開けるパスのコピー.workflowからWindowsの人が開けるパスをコピーした状態で取得できます。

作成した「.workflow」の格納場所

ユーザー名>ライブラリ>Servicesの中にあります。

表示されてない時は、Finder>表示>表示オプションを表示>「“ライブラリ”フォルダを表示」にチェック

MacとWindowsのパスを相互に変換する方法まとめ

とりあえずこれでパス問題はなんとかなりそうです。もう少しmacに慣れたら一つのスクリプトで相互に変換できるようにしたいです。

目次
閉じる