メニュー

【Live2D】無料版と有料版の違いは?無料でも問題なくモデルが作れます[FREE版]

live2d-free

Live2Dを初めてインストールした後、42日間の期間限定でPRO版の機能(全機能)を利用できるトライアル版を使用できます。

そして42日後に有料のPRO版、または無料のFREE版に切り替える必要があります。

本記事では無料のFREE版について詳しく解説いたします。

すいみん

FREE版の制限をちゃんとわかっていれば、FaceRig用のLive2Dモデルも無料で十分に作成できます!

目次

Live2Dの種類

まずはLive2Dの版の種類です。

備考
トライアル版42日間、PRO版と同じ機能が無料で使える
機能限定版トライアルの使用期限が切れたあと。保存や書き出しができません。
PRO版月額料金を払うことで全ての機能が使えるようになります。
FREE版機能制限はあるものの、無料でLive2Dが使えます。
Live2Dのの種類

Live2DのFREE版の特徴

気になる無料のFREE版の特徴を解説します。

無料のFREE版と有料版のデータ互換性は?

FREE版 → PRO版は特に問題なく開けますし、変換できます。

PRO版 → FREE版は開くことができますが、FREE版の制限を超えている場合は保存ができません。

データ互換には対応しており、PRO版で作成したデータをFREE版で開くことは可能です。FREE版でデータを保存する場合は、機能制限内に収まるようデータを編集する必要があります。

Live2D公式

Live2DのFREE版の商用利用は?

個人、または年間売上1000万円未満の事業者であれば、無料版を営利目的でも問題なく使えます。

FREE版の商用・営利目的での利用は、一般ユーザーおよび小規模事業者(年間売上1000万円未満)に限ります。

一般ユーザーおよび小規模事業者以外によるFREE版の利用は以下の目的・用途のみ認められています。

Live2D公式

Live2Dの無料のFREE版と有料版の違いは?

Live2Dの無料のFREE版と有料版の違いです。

FREE版は制限はあるものの、最低限のモデル制作ができるようになっています。

機能FREEPRO版備考
テクスチャ枚数1枚まで(2048px)制限なし工夫すれば問題ない縛りです。
アートメッシュ数100まで制限なし工夫すれば問題ない縛りです。
パラメータ数30まで制限なし少くないですがFaceRigなど用途では問題ない縛りです。
デフォーマ数50まで制限なし少くないですが工夫すれば問題ない縛りです。
パーツの数30まで制限なし特に問題のない縛りです。
アートパス3本まで制限なし特に問題のない縛りです。
ワープデフォーマの分割数9×9まで制限なし特に問題のない縛りです。
形状のブレンド機能無し時短になる便利な機能です、制作の手間が増えます。
選択オブジェクトのパラメータ構成を揃える無し特に問題のない縛りです。
デフォーマを削除し、パラメータを子要素に反映無し特に問題のない縛りです。
モデルのリサイズ無し特に問題のない縛りです。
描画順グループ2まで制限なし特に問題のない縛りです。
マルチビュー無し特に問題のない縛りです。
メッシュの自動生成のプリセット機能プリセットの追加不可制限なし特に問題のない縛りです。
スナップショットを下絵として保存無し特に問題のない縛りです。
デフォルトのフォームをロック無しデフォルトポーズが動いてしまう可能性があります。
リピート機能2まで制限なし特に問題のない縛りです。
solo表示無し便利な機能ですが、問題のない縛りです。
選択オブジェクトをフォーカス無し特に問題のない縛りです。
ワープデフォーマの連続作成無し特に問題のない縛りです。
回転デフォーマの連続作成無し特に問題のない縛りです。
メッシュのコピー&ペースト無し形状のコピーができません、制作の手間が増えます。
デフォーマの子のオブジェクトの検証デフォーマの検証ダイアログ制限あり制限なし特に問題のない縛りです。
ID、名前のCSVエクスポート・インポート無し特に問題のない縛りです。
拡張補間パラメータ数は30まで制限なし特に問題のない縛りです。
オニオンスキンβ軌道の表示制限あり制限なし特に問題のない縛りです。
モデリング機能比較
すいみん

FREE版は基本的なモデル制作はできるものの、ロック機能や形状のコピー、ブレンドなど便利な機能が使えません。

機能FREE版PRO版備考
フォームアニメーションアートメッシュのみ制限なし特に問題のない縛りです。
コマ打ち3コマ打ちのみ制限なし特に問題のない縛りです。
連番画像トラック無し連番は取り込めません
静止画連番書き出し1280x720pxまで制限なしこちらで出力して動画編集しましょう。
GIFアニメ書き出し1280x720pxまで制限なし使わないほうが良いです。
動画書き出し1280x720pxまで
+ロゴ表示
win:9.4mp
mac:4096x2304px
使わないほうが良いです。
動画書き出し(AAC音声コーデック、Twitter対応)音声にビープ音制限なし使わないほうが良いです。
すいみん

FREE版で動画出力したい時は連番書き出しして、動画編集しましょう。

参考にした公式ドキュメントはこちらです。

Live2DのFREE版まとめ

本記事ではLive2D、無料のFREE版について書きました。

制限を知って入れば十分にLive2Dモデルも制作できます。

もちろん仕事としてLive2Dをこれからも作成する場合は、便利な機能がたくさんあるPRO版に切り替えることをおすすめします。

Live2Dに関する参考記事・ツール・書籍のまとめ

Live2Dに関する記事を下記にまとめました。

Live2Dのソフト購入

Live2Dはイラストを動かすことができるソフトです。安価にVTuberを作ることができます。

Live2D販売サイト「Nizima」の紹介

Nizima(ニジマ)はVtuberを買ったり、売ったりできるマーケットサービスです。

Live2Dのオンライン学習

Live2Dが動画で学べるオンライン学習サービスの紹介。

Live2Dの参考書籍

すいみん

Live2D+FaceRigの書籍を書きました!

この記事も読まれてます

目次
閉じる