メニュー
Kindle9周年!読み放題が3か月199円!詳しく見る

【Windows】iPhoneをWEBカメラにする方法[iVCam]

  • デスクトップPCにWEBカメラがない。
  • またはノートPCのWEBカメラを使いたくない。

そんな諸事情でWEBカメラがない時は携帯をWEBカメラにして使うことができます。

本記事ではその定番ソフト、iVCam(アイブイカム)を使ってWindowsPCをWi-Fiを使ってWEBカメラにしたいと思います。

目次

iVCamの使い方

さっそくiPhoneをWEBカメラとして使ってみましょう!

STEP

PC版iVCamのダウンロード

まずはPC側を設定しましょう。

iVCamの公式サイトからソフトをダウンロードしましょう。

https://www.e2esoft.com/ivcam/

Windows用の基本、無料のソフトです。

STEP

PC版iVCamのインストール

ダウンロードした「iVCam_x64_vx.x.x.exe」を起動してインストールをしましょう。

インストールが完了したらソフトを起動しましょう。

起動時にファイヤーウォールの警告が出てきますので、アクセスを許可します。

iVCamを起動して接続をまっています…とでればPC側の設定は完了です。

STEP

アプリ版のiVCamのインストール

iPhoneのAppストアから「iVCam」を検索。

iVCam コンピュータカメラ

iVCam コンピュータカメラ

e2eSoft無料posted withアプリーチ

インストール後、iVCamのアプリを起動します。

起動したらカメラやマイクのアクセスを許可しましょう。

OKを選択します。

許可が終わるとiVCamのアプリで、iVCam PCを接続中…と表示されます。

STEP

iPhoneをWEBカメラとして使用

iVCamのPCとアプリを両方起動すると、WEBカメラの表示になります。

同一Wi-Fiであること!

顔出しはしたくないので、PC画面を映してみました。

もちろんiPhoneのアウトカメラだけでなく、インカメラでも表示できます。

実際にWEBカメラが必要なフェイストラッキングソフト(nizima LIVE)を起動。

iPhoneがWEBカメラとして認知されてました。

ちゃんと表情も認知してます。

Zoomなどのテレビ会議でも使えますし、VtuberのソフトでもWEBカメラとして使用することができます。

すいみん

簡単に設定できますし、便利ですね!

iVCamの有料プランはどう違うのか?

有料版の特徴は以下の通りです。

  • 解像度の制限を止める(640×480ピクセル→4Kまで可能)
  • iVCamのロゴ、ウォーターマークが消える
  • フレームレートが設定できる(15fps / 30fps / 60fps)

MacでiVCamを使いたい

iVCamはWindows専用のソフトです。

似たようなアプリでEpocCam(エポックカム)というものがあります。

※ただし有料。

EpocCam Webcam for Mac and PC

EpocCam Webcam for Mac and PC

Corsair Components, Inc.無料posted withアプリーチ

iVCamの使い方まとめ

本記事ではiPhoneまたはAndoroidをWindowsPCと接続して、WEBカメラとして使用する方法を書きました。

WEBカメラを持ってない、使いたくない人はぜひこの方法を試してみてください。

目次
閉じる