メニュー

【iPhone】携帯が勝手に動く!ゴーストタッチの直し方

iphone-goast-touch

iPhoneの画面が勝手に動き続けることをゴーストタッチと言います。

本記事ではそんなゴーストタッチの原因調査と直し方を解説いたします。

目次

iPhoneが勝手に動く現象の確認方法

iPhone端末が勝手に動くゴーストタッチ。

酷い時は、文字がまともに打てないので、再起動後のパスコード入力すらままなりません!

まずはどんな酷さなのか計測してみましょう!

iOSのメモアプリを開いて、鉛筆アイコンを押して端末をしばらく置いてみます。

すると中央部分に、ずずずとペイントされていきます。

すいみん

これは重症です!

ゴーストタッチを視覚化してみてわかりますがこれではまともに操作できません!!

iPhoneが勝手に動く現象の解決方法

ゴーストタッチの主な原因は下記の3種類になります。

  • ディスプレイの不具合
  • ソフトウェアの不具合
  • 端末の不具合

「ディスプレイの不具合」の解消方法

まずディスプレイを拭いてきれいにしましょう。

直れば「ディスプレイの不具合」が原因になります。

「ソフトウェアの不具合」の解消方法

次にWi-Fiの接続先を替えてみましょう。

Wi-FiのON-OFFの切り替えをすると直る場合があります。

また熱による充電池が原因もあるので、電源を切って一度端末を長時間放置しましょう。

その後に電源をつけると直る場合があります。

最後にiPhoneの初期化します。

「設定」アプリから一般>リセットすべての設定をリセット。

直れば「ソフトウェアの不具合」が原因になります。

  • Wi-Fiの接続先を替える
  • 電源を切って一度端末を長時間放置
  • Phoneの初期化

「端末の不具合」の解消方法

あとはUSB 急速充電器+安物のケーブルの組み合わせが悪い場合があります。

充電していくとゴーストタッチが徐々に発生していきました。

ですのでもし純正のケーブルを使ってにいない場合は純正ケーブルに変更しましょう。

すいみん

過去、ケーブルを変えて純正の安定した充電を保つことでゴーストタッチが直ったことがあります。

何をしても勝手に動く現象の直らない場合

上記の手をすべて尽くしても勝手に動く場合はあとは液晶パネルの不具合が原因になります。

交換しましたら直るはずです。

修理の方法は

STEP

Apple Storeを予約して修理

うまくいけば新品に交換してもらえます。

STEP

修理屋に交換してもらう

液晶パネルを交換してもらいましょう。1万前後かかります。

過去、中華製を選んで発熱で2日で液晶が焼ききれて表示されなくなった経験があります。

※大事なことですが部品はできるだけ高いものを選びましょう。

STEP

自分でパーツを探して交換する

あまりおすすめしません。

安くすみますが、中華パーツに不具合があったり、交換時破損させてしまうなど過去経験しました。

手先が器用な人はチャレンジしてみましょう。

[保続]自分でパーツを買って液晶を交換する方法

まず、自分で交換する時はちゃんとした品質の高い液晶パーツを取り寄せるのが重要です。
特に素材費をケチると安物のパーツで不良品をつかませれることがあります。

あと交換時役に立ったのは

  • 手元を照らすライト
  • パーツをはずす時にマイナスドライバー
  • しっかりひっかかるドライバー

でした。幸い無印のドライバーセットがあったのでそれでしっかり修理できました。

かかった時間は、はじめてで2時間弱。

ただ、かなり費用も抑えられますし、自分で修理できるということは壊れたときの選択肢が増えるので、自信になりました。

iPhoneが勝手に動く!ゴーストタッチの直し方まとめ

そもそもなぜiPhoneが勝手に動くゴーストタッチになったかと考えて時に、よく端末を落としてたからこの現象がおきるようになったと思われます。

ですので、落としても大丈夫な予防することが一番安くつきます!(良いガラスフィルム+手帳型のケース等にするなど)

そしてそれでも心配なら正規店でのアップルケアに加入することをおすすめします。

以上、すいみん(@cg_method)でした!

この記事も読まれてます

目次
閉じる