メニュー

【Illustratorスクリプト】レイヤー操作

イラレのツールを作る機会が増えてきました。

本記事ではレイヤーに関する基本的なスクリプトの参考例を紹介します。

Illustratorスクリプトのレイヤー操作

Illustratorスクリプトの基本的なレイヤー操作例を紹介します。

親レイヤーを名前から選択する

一番上の階層のレイヤーグループを名前から選択します。

var doc = activeDocument;
var lay = doc.layers["レイヤー 3"];
doc.activeLayer = lay;

複数同名のレイヤーがある時は一番上のレイヤーが選択されます。

子レイヤーを名前から選択する

子の階層のレイヤーグループを名前から選択します。

var doc = activeDocument;
var lay = doc.layers.getByName("レイヤー 2");
doc.activeLayer = lay.layers["レイヤー 5"];

複数同名のレイヤーがある時は一番上のレイヤーが選択されます。

孫レイヤーを名前から選択する

孫の階層のレイヤーグループを名前から選択します。

var doc = activeDocument;
var lay = doc.layers.getByName("レイヤー 2").layers.getByName("レイヤー 5");
doc.activeLayer = lay.layers["レイヤー 6"];

複数同名のレイヤーがある時は一番上のレイヤーが選択されます。

親レイヤーを作成する

親レイヤーグループを作成します。

var doc = activeDocument;
var lay = doc.layers.add();
lay.name = "親レイヤー";

子レイヤーを作成する

子レイヤーグループを作成します。

var doc = activeDocument;
var lay = doc.layers["レイヤー 2"];
var lay_child = lay.layers.add();
lay_child.name = "子レイヤー";

選択しているオブジェクトを特定のレイヤーに移動する

選択しているオブジェクトをまとめという名前のレイヤーグループに移動します。

var doc = activeDocument;
var sel = doc.selection;  
var lay = doc.layers["まとめ"];

for (i = 0; i < sel.length; i++) {  
     obj = sel[i];
     obj.move(lay, ElementPlacement.PLACEATBEGINNING);
} 

Illustratorスクリプトのレイヤー操作

今後もこのページにIllustratorスクリプトのレイヤー操作をまとめていきたいと思います。

目次
閉じる