CG・映像デザイナー技術ブログ

【Illustrator】CSSプロパティでCSSを生成する方法

イラストレーターを使うと、CSSが生成できるのでコードに悩まなくてよさそうです。

この記事の著者
CGブロガー すいみん

CGブロガー

すいみん

Suimin

プロフィール

某美大の油絵科を卒業後、大手CG映像プロダクションに入社。
その後ゲーム業界に転職。
現在は技術系のCGデザイナーをしています。 書籍:Unity デザイナーズ・バイブル
プロフィール詳細はこちら

CSSプロパティの設定

  • イラレを起動
  • ウインドウ>CSSプロパティ
  • 右上のオプション>書き出しオプション
  • 名称未設定オブジェクト用にCSSを生成にチェック

CSSの生成

シェイプを選択するとCSSが生成されます。

テスト

下記のようなコードでボタンが再現できます。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="utf-8">
<title>CSS Test</title>
<link rel="stylesheet" href="style.css">
</head>
<body>
<a href="#" class="square_btn">OK</a>
<style type="text/css">
.square_btn
{
font-family: "メイリオ";  /*フォント*/
font-size : 24px;
display: inline-block;
padding: 8px 64px;
text-decoration: none;
background: #EFEFEF;/*ボタン色*/ color: #B7B7B7;
border-bottom: solid 4px #B7B7B7;
border-radius: 12px;/*角丸*/
}
.square_btn:active {/*ボタンを押したとき*/ -ms-transform: translateY(4px);
-webkit-transform: translateY(4px);
transform: translateY(4px);/*下に動く*/
box-shadow: 0px 0px 1px rgba(0, 0, 0, 0.2);/*影を小さく*/ border-bottom: none;
}
-->
</style>
</body>
</html>

以上、すいみん(@cg_method)でした!