メニュー

【Google Apps Script】ライブラリの作り方と使い方

google-apps-script-library

リモートワークでGAS(Google Apps Script)を使うことが多くなりました。

使われているGASが入ったスプレッドシートが増殖してきてメンテナンスが大変になってきたので、スクリプトを外部ファイルからGASを参照するできる仕組み(ライブラリ化)にしてました。

本記事ではそのライブラリの作成方法と使い方についてわかりやすく解説しています。

目次

Google Apps Scriptライブラリの作り方と使い方

STEP

ライブラリ用のサンプルコードを作成

サンプルとしてtest.gsという名前で下記のコードを作成しました。

function testAlert() { console.log(“こんにちは!”); }
STEP

スクリプトのIDのコピー

歯車アイコンの設定メニューからスクリプトのIDをコピーします。

STEP

ライブラリを使う側の設定

ライブラリの文字の横のプラスアイコンから、UIが表示されますので先程コピーしたスクリプトのIDを入れてあげましょう。

スクリプトIDを入力するとライブラリ用のIDを入力する欄がでますので入力しましょう。

今回はtestという名前にしました。

STEP

ライブラリのスクリプトの実行

設定したライブラリのID.自作関数()でスクリプトを実行できます。

test.testAlert()

早速テストしてみましょう!

うまく参照できました!

以上がライブラリ用のGASを別のプロジェクトから実行する方法です。

Google Apps Scriptライブラリの作り方と使い方まとめ

本記事では「【Google Apps Script】ライブラリの作り方と使い方」について書きました。

ライブラリをうまく使うとスクリプトのメンテナンスコストが下がるので、是非やったことがない人は試してみてください。

以上、すいみん(@cg_method)でした!

ドキュメント作成に関する参考記事・ツール・書籍のまとめ

ドキュメント作成に関する記事を下記にまとめました。

ドキュメント作成のソフトウェア購入

ドキュメント作成(エクセル)が学べるスクール

ドキュメント作成の参考書籍

エクセル

パワーポイント


Google ドキュメント

ドキュメント作成の周辺機器

この記事も読まれてます

目次
閉じる