メニュー
Kindle9周年!読み放題が3か月199円!詳しく見る

【GCP】Natural Language APIで感情分析をする方法

文章やフレーバーがポジティブかネガティブか?どのくらいの熱量なのか?

AI(機械学習)が判定する機能がGCP(Google Cloud Platform)にあったのでしてみました

センチメント分析と呼ばれています

すいみん

比較的長い文章でわかりやすい表現だと分析しやすそうです。

目次

Natural Language API の使い方

GCPのAPI(Natural Language API)を使って、スプレッドシートに書いた文章を感情分析する方法を紹介します。

下記の記事を参考にしています。

STEP

GCP(Google Cloud Platform)にアクセスしてプロジェクトを作成

GCPをガイドに従って、プロジェクト作成までしましょう。

途中クレジットカードの登録が必要です。

※GCPのサービスを大量に使うと課金が始まります。(約5000回実行するまでは無料で使えます)

GCP>お支払い>料金で金額も確認できます。

STEP

APIを有効にする

GCPのプロジェクトを作成したらAPIとサービスから認証情報を作成>APIキーを選択して作成しましょう。

APIを作成したらAPIキーをコピーしておきましょう。スクリプトで使います。

STEP

スプレッドシートとGASの作成

Googleスプレッドシートを作成して、ツール>スクリプトエディタを開きましょう。

開いたら下記のコードをコピペ。

APIキーやスプレッドシートIDと名前、変換したい行数などを記載しましょう。

再びスプレッドシートに戻り、F5を押して更新しましょう。メニューにカスタムメニューが表示されます。

A列に判定したい文章を記載します。

あとは最後にスクリプトを実行するだけです。

  • Scoreがマイナスだとネガティブな判定、プラスだとポジティブな判定です。
  • Magnitudeは感情の強度を示しています。
STEP

表示を見やすくする

数字がでただけだと、わかりづらいので、条件式書式で色をつけてみます。

  • Scoreが0の時は白色、0.5以上の時は赤色、0より小さい特は青色
  • Magnitudeはカスタム書式で Scoreが0以上、Magnitudeが0.5以上であれば赤色、0以下でMagnitudeが0.5以上の時は青色
=AND($B2 >=0 , ($C2 >= 0.5))
=AND($B2 < 0 , ($C2 >= 0.5))

以上で、簡単な感情分析ができました。

GCPのNatural Language APIで感情分析をする方法まとめ

GCPのNatural Language APIで文章の感情分析をやってみました。

APIの許可さえあれば簡単に機能が使用できるので便利ですね。

感情をマーキングしておくと、文章表現の把握などにも役に立ちそうです。

他にも自然言語処理のAPIはあるのですが、GCPのものは無料で試せるのでおすすめです。

目次
閉じる