メニュー

【FaceRig】webmの動画データをAVIに変換する方法&Adobeソフトから読み込む方法

本記事ではAdobeソフトからWebmを読み込む方法

webmの動画データをAVIに変換する方法を紹介します!

2つの方法を是非、覚えておきましょう!

目次

webmの動画データを「After Effects」や「Premiere pro」で読み込む方法

いままではFaceRigで録画した.webmの動画データをAVIやMP4に変換して編集していました(やり方は後述)

しかし、今回AfterEffectsやPremiere proでwebmの動画データを読み込む方法がわかったので紹介します。

STEP

「WebM_Premiere」のプラグインを入れる

下記のサイトにアクセスして、Downloadのリンクをクリックしてデータをダウンロード

ダウンロードしたデータ(WebM_Premiere_v1.1.0.msi)をクリックしてインストール

以上で、After EffectsやPremiere proでwebmの動画データを読み込むことができます。

STEP

Premiere proやAfterEffectsでWebmを読み込んで見る

Premiere proにWebmが読み込めました。

AfterEffectsにもWebmが読み込めました。

webmの動画データをAVIに変換する方法

続いてwebmの動画データをAVIに変換する方法です。

FaceRigで動画を書き出したデータ.webmという拡張子の動画データになるのですが、このままだとAEなどで編集できません。

ですのでAviUtlで読み込んでAVI出力します。

STEP

AviUtlの導入

フリーの動画編集ソフトです。

AviUtlのお部屋からソフトをダウンロード・解凍するだけです。

STEP

AviUtlのプラグイン「L-SMASH Works」の導入

導入することで下記の種類の動画・音声を読み込むことができます。

  • mp4
  • flv
  • mov
  • wmv
  • asf
  • mkv
  • webm
  • mpg
  • ts
  • m2ts
  • mp3
  • ogg
  • wma
  • m4a
  • flac
  • aif
  • aac
STEP

「L-SMASH」プラグインの導入

まず AviUtlのフォルダの中に「plugins」というフォルダを作成します。

下記のURLからダウンロードリンクをクリックしてデータをダウンロード・解凍

中身の「lwcolor.auc」「lwdumper.auf」「lwinput.aui」「lwmuxer.auf」の4つのデータをコピーして、「plugins」フォルダに格納

STEP

exedit.iniの中身を変更する

exedit.iniの中身は下記をコピー

以上で、webmなどの動画データが読み込めるようになります。

STEP

AviUtlからAVI出力

  • ソフトを起動して動画をドラッグ&ドロップ
  • ファイル>AVI出力でAVIを書き出し

以上です!

webmの動画データをAVIに変換する方法&Adobeソフトから読み込む方法まとめ

本記事ではwebmの動画データをAVIに変換する方法&Adobeソフトから読み込む方法を紹介しました。

是非、試してみてください。

下記の記事も参考も参考になります。

映像(口パク)と音声をより合わせるためのやり方です!

目次
閉じる