CG・映像デザイナー技術ブログ

【Live2D】FaceRigのアニメーションデータ(.rpl)をLive2Dへ移行する方法

すいみん

こちらのCGメソッドの記事では「FaceRigのアニメーションデータ(.rpl)をLive2Dへ移行する方法」を紹介します!キーを調整できるのでブラッシュアップし放題です!

この記事の著者
CGブロガー すいみん

CGブロガー

すいみん

Suimin

プロフィール

某美大の油絵科を卒業後、大手CG映像プロダクションに入社。
その後ゲーム業界に転職。
現在は技術系のCGデザイナーをしています。 書籍:Unity デザイナーズ・バイブル
プロフィール詳細はこちら

GUIで変換!「Moli」の使い方

FaceRigで作成したアニメーション(rpl)データをキー情報に変換するツール「Moli」の使い方の紹介です。
作成者はときなしさん(@KalsaKey)です。

STEP.1
FaceRigで動きを保存
まずはFaceRigで好きなアバターの動きをキャプチャします。
上部メニュー「パフォーマンスの録音」
録音語「〇〇.rpl」というデータが保存されます。
STEP.2
「MoliModel」での動画を作成
下記のStemaサイトから「MoliModel」のサブスクライブ(登録)ボタンを押します。
https://steamcommunity.com/sharedfiles/filedetails/?id=1826949337

以上でFaceRigのAvatarを見てみると「MoliModel」が登録されているのが確認できます

「MoliModel」を選択して「ムービーとしてパフォーマンスをエクスポート」しましょう。

これでパラメーターをキーに変換できる動画の作成が完了です。
あとは「Moli」を使ってキー情報を出力しましょう!
STEP.3
「Moli」のダウンロード
pixiv fanboxからダウンロードします。今回は最新の「Moli ver2.00」
参考 Moli ver2.00を公開します|ときなし|pixivFANBOXpixivFANBOX
STEP.4
「Moli」のダウンロード
・ダウンロードしたデータの中の「Moli.exe」を起動します。
・録画した動画をドラッグ&ドロップ
・モザイク部分をドラッグして赤枠で囲います
・最後にモーション出力ボタンを押せばOK

「○○.motion3.json」というデータが保存されます
STEP.5
「Moli」のダウンロード
最後にLive2Dを起動して、アニメーターにモデルを表示。右クリック>「モーションを読み込み」を選び、先程の「○○.motion3.json」を読み込みましょう
以上でキーが読み込まれました!

こんな感じで動きが再現できました!

GUIで変換!「Moli」の使い方まとめ

やってみると超簡単ですね!
FaceRigのモーションをLive2Dで調整できるので無限にクオリティUPできます!是非ためしてみてください。

ちなみにプログラムが扱える人は下記の方法もおすすめです。

コマンドで変換! FaceRigRplToLive2DMotio3Jsonの使い方まとめ

ガネーシャさん(@Ganeesya)の作成されたFaceRigRplToLive2DMotio3JsonでFaceRigのモーションデータをLive2Dへ持っていってみました!
そのやり方の紹介です。

※FaceRigを使うのでWindows想定です。

FaceRigのモーションデータを用意

  • FaceRigでLive2Dに持っていきたいアニメーションデータをいくつか保存します。(※かならず複数個作成すること、5個以上は用意!


*出力が終わったら一つのフォルダ(今回はtest)に格納

Pythonのインストール

  • まずPythonのインストールをします。下記のURLからダウンロード

https://www.python.org/downloads/

  • インストールはカスタム(Customize installation)を選択します

  • インストール先をC:Pythonに ※デフォルトだと深い階層になってコマンドが指定しにくいので

FaceRigRplToLive2DMotio3Jsonのダウンロードと設定

  • 下記のULRからデータをダウンロード

https://github.com/Ganeesya/FaceRigRplToLive2DMotio3Json

  • FaceRigRPL.pyを適当なエディタで開きます

  • folderPath = “Set Your rpl files folder path.”と書かれている記述を探して下記の様に先のrplの格納されているフォルダのパスを入力します

folderPath = "C:Users<ユーザー名>Desktoptest"

※パスのバックスラッシュは()は2つにしておくこと

plotlyエラーがでる場合

ModuleNotFoundError: No module named 'plotly'

とかエラーが出る場合は

#import plotly.offline as po
#import plotly.graph_objs as go

を#をつけてコメントアウトする

スクリプトの実行

  • Windowsの検索から「cmd」とうち、コマンドプロンプトを起動します。
  • Pythonのディレクトリへ移動

cd C:Python
  • FaceRigRPL.pyを実行

pythonのあとにFaceRigRPL.pyのパスを入力して実行

python C:Users<ユーザー名>DesktopFaceRigRplToLive2DMotio3Json-masterFaceRigRPLFaceRigRPL.py

とか

‘python’ は、内部コマンドまたは外部コマンド、
操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。

と出る場合はパスを全部書く

C:Users<ユーザー名>DesktopFaceRigRplToLive2DMotio3Json-masterFaceRigRPL>C:Pythonpython C:UsersminDesktopFaceRigRplToLive2DMotio3Json-masterFaceRigRPLFaceRigRPL.py


上記のような感じでendが表示されれば無事完了です。

  • 変換後のデータを確認します


.csvとパラメーターの大文字小文字だけが違う.jsonが追加されています

Live2D Viewerで確認

mocを入れてモデルを表示した後、01.rplID2.motion3.jsonもドラッグ&ドロップします。


アニメーションの再生を確認します。

Live2D Animatorでアニメーションをインポート

  • Live2Dを立ち上げAnimatorに切り替えて、モデルをいれます。
  • タイムラインのモデル名を右クリックしてモーションを読み込みを選択します


json(01.rplID2.motion3.json)を選択すればアニメーションが読み込まれます

※FPSが変わっていることがあるので、ちゃんと確認してからインポートすることをおすすめします。


mtnに変換する方法

ちなみに2系で使いたい場合は

ファイル>組込み用ファイル書き出し>モーションファイルの書き出しから

2.1形式(mtn)として書き出しを選択すればmtnに変換して出力できます。


備考

バイナリを解析することはデザイナーにとっては難しいので、このツールは非常に助かります!

これでFaceRigのアニメーションを手作業で修正できるので、よりクオリティの高い表現ができる可能性があります。

ちなみに複数の.rplを用意したのは、なかの余計な記述を削除するために差分をみてるようなので、かならず複数個入れた状態でコンバートするとより精度の高いコンバートができます。

FaceRigアニメーションをLive2Dへ移行した動画

上記の技術を生かした動画を作成してみました。

体の動きだけFaceRigでつけて、アニメーション情報をLive2Dアニメーターで移行して目パチと口パクを付けてています。

FaceRigアニメーションをLive2Dへ移行した動画2

追記(2019/5/3)です、PV作成してみました。

ちなみに髪などの物理演算のアニメーションは

アニメーション>トラック>物理演算をアニメーションベイクでキーが生成されます。

すいみん

作成するべきFaceRig用Live2Dのパラメーターをまとめました!
【Live2D】作成するべきFaceRig用Live2Dのパラメーターまとめ

すいみん

モデルのクオリティアップする方法を書きました!
【Live2D】FacaRigでひと手間加えてクオリティアップする方法

以上、すいみん(@cg_method)でした!