メニュー

【FaceRig】公式アプリに自作Live2Dを登録する方法

facerig-live2d-app-registration

本記事ではアプリに自作Live2Dを登録する方法を紹介します!

携帯でFaceRigが表示できればお手軽に動画を撮影できるようになります!

目次

iOS / Android版 FaceRigアプリ[追記]

FaceRigの後継のAnimazeがリリースされました。こちらを導入することをおすすめします!

VTube Studioというアプリでも同じことができるのでおすすめです。

2DRというアプリでも同じことができるのでおすすめです。

FaceRig公式アプリに自作Live2Dを登録する方法

記録として昔のFaceRig公式アプリについて書いておきます。

アプリ版のFaceRigを入れて自作Live2Dを表示させてみました。

STEP

アプリのインストール

App StoreまたはGoogle Play ストアで「FaceRig」で検索してインストール

https://itunes.apple.com/jp/app/facerig/id1036166462?mt=8

※現在は配信停止してしまいました。

STEP

アバターの表示

起動して下部の人型アイコンをタップ

Live2Dのタブを選択して、一番右の+サムネイルまでスワイプ

+ボタンをタップして、購入ボタンを押して購入(1,200円)

STEP

モデルデータをZIP化

キャラ名.mocやcc_キャラ名.cfgなどを格納しているフォルダごとZIPで圧縮

moc形式のSDK2.1で書き出しましょう!※3系は動きません

詳しい自作Live2DのFaceRig登録方法は下記参照

STEP

アップロード

GoogleDriveなどのクラウドにアップロードして共有リンクを作成。

STEP

アバターをダウンロード

FaceRigアプリを起動して、購入した後の+サムネをタップ

ダイアログが表示されるので、そこに共有リンクをペーストして、データをダウンロード。

以上で、自作したLive2Dモデルのサムネが追加されているので、タップすると表示されます。

※サムネの右上に☓ボタンがあり、そこで削除することも可能。

再アップ時は削除してから、再度ダウンロードします。

アプリに自作Live2Dを登録する方法まとめ

試しに自作のモデルを表示させたい為だけに購入してみました。

  • カメラの位置が思った位置に調整できない
  • ためしに動画をとって保存しようとしたら「シェアしました」と表示されて動画が消えたり(初回のみ)

いろいろと挙動が残念です。

ちなみに録画ボタンを長押しすると右上の自分の顔が映るカメラの表示がOFFのまま撮影できます。

FaceRigに関する参考記事・ツール・書籍のまとめ

FaceRigのおすすめWEBカメラ

すいみん

FaceRigで一番使われるWEBカメラです、安いのでまずはこちらから始めるとよいです

すいみん

数少ないフルHD(1920×1080)対応機種。多段可変でカメラ位置の調整が用意。三脚もつけることが可能。さらに背景をリアルタイムで切り抜いてくれる機能もあります。トラッキングの精度が抜群なので、すぐにFaceRigが始められます!僕も愛用してます、おすすめです!

FaceRigの腕を動かすための周辺機器

すいみん

FaceRigなどでVTuberやるなら、リープモーションもつけて手を動かすとより表現が増すのでおすすめです。

すいみん

リープモーションをこれに挟んで首にかけるとよいです!

FaceRigの参考書籍

FaceRig用おすすめライト

ディスプレイ上に設置できるライト。顔認識しやすくなります。

Vtuber おすすめマイク

この記事も読まれてます

目次
閉じる