メニュー
Kindle9周年!読み放題が3か月199円!詳しく見る

【FaceRig】展示で使える!縦画面フルスクリーンでモデルを表示する方法

ノートPCはSurface3(2015年発売)を所持しているのですが、技術書典6での展示用にフルスクリーン表示や縦画面での表示の検証してみました。

目次

FaceRig + Live2D の設定「別のウインドウに切り替える」方法

設定方法は簡単です。

UIを全て表示>歯車イコン>一般タブ>別のウインドウに切り替えるにチェックしましょう!

3:2の画面で最大表示(タブレット表示)

Surface3の画面設定がw2160 ✕ h1440 pxなのですが、そのまま複製された画面を最大表示にするだけでフルスクリーン表示になります。

PCモードだとちゃんとウインドウのタイトルバーも消えます(Surfaceのタブレットモードだとタイトルバーがでてしまいます)

縦画面での最大表示(タブレット表示)

縦画面の場合はカメラを外付けにする必要があります カメラが横についているので…

Windowsのタスクバーを消す方法

  1. Borderless Gamingというフリーソフトを入れます。
  2. 起動して、フルスクリーンにしたい画面を選択して、右矢印を押せばOK

Options>Run On Startupにしておけば次回から自動でタイトルバーが非表示になります。

これでちゃんとタイトルバーも非表示になりました!

展示で長時間(8時間以上)FaceRigをつけっぱなしにする方法

技術書展はこれで挑みました!

FaceRig耐久時間の検証

Surface3の電源容量は5500mAh

FaceRigをつけっぱなしにすると1分で1%消耗する結果になりました。

つまり、フル充電から100分もたないです。

単純計算でいくと8時間(480分)持たせるにはあと4回フル充電できればよいので、22000mAh

ノートPC用大容量バッテリー

15000円でかえる50000mAhのバッテリーです。

これで9回、Surfaceのフル充電ができます!

正直、コスパはめちゃくちゃ良いです。

タブレットスタンド

ちょうどいい高さと角度で展示したいので、こちらも購入。

展示で使える!縦画面フルスクリーンでモデルを表示する方法まとめ

タッチパネル操作できて縦表示できるSurfaceと大容量バッテリーの組み合わせで、FaceRigの展示にチャレンジしてみます!!

他にFaceRigに使い方を知りたい場合はこちらの記事を参考にしてください。

目次
閉じる