メニュー

【ExtendScript】AtomからAdobeソフトへスクリプトを直接実行する方法 [Adobe Script Runner]

eyecatch_ extendscript

adobe-script-runnerという拡張機能があってAtomまたはVisual Studio CodeからAdobeのソフトへスクリプトが実行できるようなので試してみました。、

目次

インストール

ファイル>環境設定(Ctr+,)>インストールからAdobeで検索、Adobe Script Runnerが表示されたら、インストール。

Adobeのパス設定

ファイル>環境設定(Ctr+,)>パッケージからAdobe Script Runnerを探し、設定ボタンを押す

After Effectsのパス(Path to After Effects executable)

デフォルトは最新の2018になっています。変更したい場合はバージョンの数字を変更

"C:\Program Files\Adobe\Adobe After Effects CC 2017\Support Files\AfterFX.exe"

※必要であればPhotoshopやIllustratorのパスの入力欄があるので同様にバージョンを修正

ショートカット(キーバインド)の設定

ファイル>環境設定(Ctr+,)>キーバインド>青文字のキーマップファイルの選択

'.platform-win32 atom-workspace, .platform-darwin atom-workspace':'ctrl-alt-a': 'adobe-script-runner:Adobe After Effects'
'.platform-win32 atom-workspace, .platform-darwin atom-workspace2':'ctrl-alt-i': 'adobe-script-runner:Adobe Illustrator'
'.platform-win32 atom-workspace, .platform-darwin atom-workspace3':'ctrl-alt-p': 'adobe-script-runner:Adobe Photoshop'

上記の様に記述。

例えばCtrl+Alt+PでPhotoshopへスクリプトが実行される

Adobe Script Runnerのテスト

ファイル>新規作成

適当なコードを記述

alert("Hello World");

Ctrl+Alt+Pで実行

Ctrl+Pで「Photoshop」と検索して選択して実行

Photoshopでアラートが表示されるのを確認できます。

感想

コードは好きなエディタで書くと書きやすいですが、結局デバッグはESTKを使わざるを得ないです。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

Adobe ExtendScript Toolkitに関する参考記事・ツール・書籍のまとめ

Adobe ExtendScript Toolkitに関する記事を下記にまとめました。

ExtendScript Toolkitのオンライン学習

ExtendScript Toolkitのオンライン学習学習はコスパよく学習できるのでおすすめです。

Adobe ExtendScript Toolkitの参考書籍

Adobeソフト全般のソフトウェア購入

ExtendScript Toolkitを使うために、Adobe Creative Cloudを安く導入しましょう。

この記事を書いた人

すいみんのアバター すいみん CGデザイナー・テクニカルアーティスト

技術的なことが好きなフリーランスのデザイナー。
ブログが好きで月間20万PVの技術ブログを運営。
書籍のお仕事もしています。
・「Unity デザイナーズ・バイブル」
・「Unityゲーム プログラミング・バイブル 2nd Generation」
ご依頼はこちらから!

この記事も読まれてます

目次