メニュー

【ExtendScript】コード自動整形機能の追加方法について

eyecatch_ extendscript

コード自動できれいにならないかなーと思って調べたら、面白い方法があったので試してみました。

目次

beautify.jsをダウンロード

githubに上がっているものは、ESTKでは動かないものになっているので古いバージョンを下記のURLからダウンロードします。

ダウンロード

解凍してbeautify.jsを好きな場所に格納。

ESTKのメニューに表示する方法

引用元

下記のサイトのコードからメニュー用のjsxを作成します。

あわせて読みたい
ExtendScript Toolkitにコード整形機能をつけてみる|ExtendScript|ぼんぷろぐ【ぼんぷろぐ】InDesignとかイラレとかのスクリプトよもやま話ExtendScript Toolkitにコード整形機能をつけてみる

参照パスの変更

6行目の#includeのパスを変更します。

#include "D:\Adobe\estk\beautify.js"

バックスラッシュは2重につけましょう。

最後に

C:\Program Files (x86)\Adobe\Adobe ExtendScript Toolkit CC\Required

へスクリプトを保存(ToolMenu.jsx)

ESTKにてコードを自動整形

起動して上部のメニュからツール>整形を押すとコードが整います。

まとめ

Visual Studio Codeとか使えばよいのですが、必要なレベルになるまではESTKを使おうと思っていたので、今回の拡張は非常にやって良かったです!

Adobe ExtendScript Toolkitに関する参考記事・ツール・書籍のまとめ

Adobe ExtendScript Toolkitに関する記事を下記にまとめました。

Adobeソフト全般のソフトウェア購入

Adobe ExtendScript Toolkitの参考書籍

この記事も読まれてます

目次
閉じる