Amazonブラックフライデー&サイバーマンデー!

【ExtendScript】コード自動整形機能の追加方法について

eyecatch_ extendscript

コード自動できれいにならないかなーと思って調べたら、面白い方法があったので試してみました。

この記事の著者
CGブロガー すいみん

CGブロガー

すいみん

Suimin

プロフィール

某美大の油絵科を卒業後、大手CG映像プロダクションに入社。
その後ゲーム業界に転職。
現在は技術系のCGデザイナーをしています。 書籍:Unity デザイナーズ・バイブル
プロフィール詳細はこちら

beautify.jsをダウンロード

githubに上がっているものは、ESTKでは動かないものになっているので古いバージョンを下記のURLからダウンロードします。

ダウンロード

解凍してbeautify.jsを好きな場所に格納。

ESTKのメニューに表示する方法

引用元

下記のサイトのコードからメニュー用のjsxを作成します。

参考 ExtendScript Toolkitにコード整形機能をつけてみるぼんぷろぐ

参照パスの変更

6行目の#includeのパスを変更します。

#include "D:\Adobe\estk\beautify.js"

バックスラッシュは2重につけましょう。

最後に

C:\Program Files (x86)\Adobe\Adobe ExtendScript Toolkit CC\Required

へスクリプトを保存(ToolMenu.jsx)

ESTKにてコードを自動整形

起動して上部のメニュからツール>整形を押すとコードが整います。

まとめ

Visual Studio Codeとか使えばよいのですが、必要なレベルになるまではESTKを使おうと思っていたので、今回の拡張は非常にやって良かったです!

以上、すいみん(@cg_method)でした!

Adobe Creative Cloudを一番安く購入する方法

\Adobe Creative Cloudが学割(49.6%OFF!)で安い/


eyecatch-buy-adobe-creative-cloud
【Adobe Creative Cloud】最安!アドビ認定スクールから購入する方法(+講座付き)

すでに持っている方も1年分の追加可能

さらにAmazonギフト券でチャージしてAmazon Payで支払うともっとお得に!