メニュー

【Excel】空白を飛ばして連番をつける方法

エクセルやスプレッドシートで空白を除いて連番をつける方法です。

目次

空白を飛ばして連番をつける方法

SUMPRODUCT関数を使います。

=IF(A1="","",SUMPRODUCT((A$1:A1<>"")*1))

  • A列に適当な間隔で文字を入力
  • B列に下記の数式を入力

補足です。

SUMPRODUCT(配列 1, [配列 2], [配列 3], …)

引数として指定した配列の対応する要素間の積をまず計算し、さらにその和を返します。

  • <>の意味は不等号を表す比較演算子で、数学の「≠」と同じ意味。
  • =IF(A1="","なし",SUMPRODUCT((A$1:A1<>"")*1))とすると。空白ではなく「なし」と入力されます。

[おまけ]連続した連番を簡単に作成する方法

連続した連番を作成する時はARRAYFORMULAを使うと便利です。

A2に下記の数式を入れてみましょう。

=ARRAYFORMULA(ROW(A2:A)-1)

すいみん

1箇所、数式を入れてあげるだけです!

【Excel】空白を飛ばして連番をつける方法まとめ

本記事では「【Excel】空白を飛ばして連番をつける方法」について書きました。

ぜひ参考にしてみてください。

目次
閉じる