YouTube

【YouTube】ベストな画質でアップロードするためのH.264エンコード設定

YouTubeに動画をアップロードした際に必ず再エンコードが発生して、場合によっては動画が劣化してしまうことがあります。

YouTubeのエンコードを考慮して、できるだけ劣化せず、手間もかからない方法を探してみました。


公式推奨設定

アップロードする動画の推奨エンコード設定

https://support.google.com/youtube/answer/1722171?hl=ja

非圧縮のAVIよりもH264を推奨しています。

AviUtlと拡張 x264 出力(GUI)Exの設定

AviUtlと拡張 x264 出力(GUI)Exのインストールは割愛します。

下記のサイトを参考にしてください

http://aviutl.info/x264guiex-intro/

YouTubeにベストなエンコード設定

AviUtl側の色の設定

まずAviUtlで動画を開いたら、設定>色変換の設定>[出力]をインストールBT.601にします。

※普通にH264で出力すると色が変わってしまう(色が濃くなる)ので変化を抑える設定にします。

x264 出力(GUI)Exの画質設定

  • 自動マルチパスを推奨。シングルパスより高画質になります。パス数は2パスで十分。

  • プリセットのロード 速度はPlaceboに

  • 色空間 colormatrixはsmptel170mに H264出力で色が変わってしまわないように

続いてフレームタブに切り替えて設定します。

  • 動きの予測アルゴリズムをHadamard ESA(低速)に

* GOP関連設定 キーフレーム間隔の上限を-1に(シークしやすい動画になる)

  • あとは画像を参考に数字を入力。

x264 出力(GUI)Exの音質設定

右側の音声タブを入力していきます。

  • エンコーダをNeroAacEncに(高音質AACにエンコードするエンコーダ)

※表示されない場合は下記からダンロードしてパスを指定する

http://www.videohelp.com/download/NeroAACCodec-1.5.1.zip?r=pzcwsaljhfys

*  モードをHE-AAC ビットレート指定にして 2パスにチェック

H264出力の参考

下記のサイトを参考に出力設定しました。
http://nicowiki.com/aviutl_h264.html

まとめ

AviUtl(の拡張機能)はエンコードの設定を細かく設定できるので、軽くて高画質な動画をエンコードするときに重宝しています。

エンコードの世界は奥深く、これ以上こだわるとかけた時間の割にリターンが少なそうなので、このくらいの設定で十分だと思います。

 

ABOUT ME
すいみん
テクニカルなことが好きなCGデザイナー