YouTube

【YouTube】ベストな画質でアップロードするためのH.264エンコード設定

YouTubeに動画をアップロードした際に必ず再エンコードが発生して、場合によっては動画が劣化してしまうことがあります。

YouTubeのエンコードを考慮して、できるだけ劣化せず、手間もかからない方法を探してみました。

公式推奨設定

アップロードする動画の推奨エンコード設定

https://support.google.com/youtube/answer/1722171?hl=ja

非圧縮のAVIよりもH264を推奨しています。

AviUtlと拡張 x264 出力(GUI)Exの設定

AviUtlと拡張 x264 出力(GUI)Exのインストールは割愛します。

下記のサイトを参考にしてください

http://aviutl.info/x264guiex-intro/

YouTubeにベストなエンコード設定

AviUtl側の色の設定

まずAviUtlで動画を開いたら、設定>色変換の設定>[出力]をインストールBT.601にします。

※普通にH264で出力すると色が変わってしまう(色が濃くなる)ので変化を抑える設定にします。

x264 出力(GUI)Exの画質設定

  • 自動マルチパスを推奨。シングルパスより高画質になります。パス数は2パスで十分。

  • プリセットのロード 速度はPlaceboに

  • 色空間 colormatrixはsmptel170mに H264出力で色が変わってしまわないように

続いてフレームタブに切り替えて設定します。

  • 動きの予測アルゴリズムをHadamard ESA(低速)に

* GOP関連設定 キーフレーム間隔の上限を-1に(シークしやすい動画になる)

  • あとは画像を参考に数字を入力。

x264 出力(GUI)Exの音質設定

右側の音声タブを入力していきます。

  • エンコーダをNeroAacEncに(高音質AACにエンコードするエンコーダ)

※表示されない場合は下記からダンロードしてパスを指定する

http://www.videohelp.com/download/NeroAACCodec-1.5.1.zip?r=pzcwsaljhfys

*  モードをHE-AAC ビットレート指定にして 2パスにチェック

H264出力の参考

下記のサイトを参考に出力設定しました。
http://nicowiki.com/aviutl_h264.html

まとめ

AviUtl(の拡張機能)はエンコードの設定を細かく設定できるので、軽くて高画質な動画をエンコードするときに重宝しています。

エンコードの世界は奥深く、これ以上こだわるとかけた時間の割にリターンが少なそうなので、このくらいの設定で十分だと思います。

バーチャルYouTuber制作に関する記事をすべて掲載!
バーチャルYouTuberの参考紹介

参考記事

【VTuber】バーチャルYouTuber制作に関連する全記事まとめ VTuberを作成した時のノウハウをまとめました。 Vtuber用Live2Dモデル制作 全制作工程土日でバーチャルYouTu...

おすすめ機材

created by Rinker
COMON
¥510
(2019/05/23 06:15:35時点 Amazon調べ-詳細)

マイクはいろいろ試して、これが一番おすすめです。
東雲めぐちゃんの収録で使われている機材です。
声だけ音声を拾ってくれます。最大の特徴は頭を動かしても、位置が変わらないので音が撮りやすく、ヘッドマウントディスプレイをつけたままでも装着可なところです。

created by Rinker
ロジクール
¥10,500
(2019/05/23 08:40:07時点 Amazon調べ-詳細)

数少ないフルHD(1920×1080)対応機種。多段可変でカメラ位置の調整が用意。三脚もつけることが可能。
さらに背景をリアルタイムで切り抜いてくれる機能もあります。トラッキングの精度を最大限確保したいならこのカメラがおすすめです。

FaceRigなどでVTuberやるなら、リープモーションもつけて手を動かすとより表現が増すのでおすすめです。

created by Rinker
ヤマハ(Yamaha)
¥15,518
(2019/05/23 06:15:36時点 Amazon調べ-詳細)

綺麗な音で配信するにはオーディオインターフェイスが必須です!

本気でバ美肉するなら手に入れたい機材です。
声を変換にできるだけでなく、ハードウェアなので音ズレなくリアルタイムに声を反映できます。

ABOUT ME
すいみん
東京在住。デザイナー寄りのテクニカルアーティスト。 ブログは技術検証の備忘録として書いています。