【Windows】よく使うバッチ処理まとめ

windows-bat-reference

久々にバッチ処理書いたのでメモ。追記していく予定

基本的な処理

リネーム

ren こんにちは さようなら

移動

move sample.txt old

ファイルのコピー

copy sample1.txt sample2.txt

フォルダのコピー

xcopy “C:\サンプル” “C:\サンプルコピー” /D /S /R /Y /I /K

※ショートカットをコピーする場合は「サンプル – ショートカット.lnk」と拡張子をつける

ファイルの削除

del sample.txt

フォルダの削除

del /Q C:\サンプル
for /D %%1 in (C:\サンプル) do rmdir /s /q "%%1"

フォルダ作成

md "C:\親フォルダ"
md "C:\親フォルダ\子フォルダ"

共有ファイルに置いて実行する場合

普通に実行するとCMD では UNC パスは現在のディレクトリとしてサポートされません。と表示されてしまいます。

pushd %~dp0

をつける

共有ファイルにあるデータを右クリック「送る」から実行する場合

pushd %~dp1

をつける

まとめ

ルーティンワークは送るにbatを入れて処理すると時短になります。