自作ツール&スクリプト

【VTuber】超お手軽!一枚絵VTuberを作成する方法

vtuber-vroid-xx-cake-puppet

すいみん
本記事はVTuber Tech #1 Advent Calendar 2019の9日目の記事になります。

去年の夏どうしてもVTtuberになりたくて、土日の時間をフルフル使ってなんとかLive2D+FacceRig用VTuberモデルを制作しました。

【Live2D】土日でバーチャルYouTuberを作成する方法

しかし結果短時間で作るのは相当大変!!

ということで今回はもっと簡単にできないか一枚絵VTuberを目指していろいろ試してみました。

イラストを描かずにVRroidから一枚絵を用意する方法

VRroidという3Dアバターを作成できるソフトでVTuberモデル(一枚絵)を作成してみます!

1 まずは下記サイトの「ダウンロードはこちらから」ボタンから、ソフトをダウンロード&解凍!VRoidStudio.exeを起動しましょう。

参考 VRoid Studiovroid.com

2 各タブを押して、各種パラメータを変更してVTuberモデルの作成をします。

細かいやり方は下記の記事に記載しております!
【VRoid】キャラの作成方法とUnityで操作する方法

3 モデルができたら「撮影・エクスポート」タブからモデルにポーズをつけて、右下の撮影ボタンから静止画を出力します。

こちらが今回使う一枚絵になります。(背景は見やすいようにPhotoshopの塗りつぶしツールでザクッと黒にしました)

ポイント
VRoidで作成したモデルは制作者に著作権があるので、自由に使うことができます。
逆に他のVTuber制作ソフトでは作成したモデルの著作権が提供元だったりすることが多いので注意しましょう!

Talking Head Animeを使って一枚絵でVTuberをする

まずはこちらをご覧ください。

GoogleのソフトウェアエンジニアのPramook Khungurnさんが一枚絵からAIを使って、VTuberできるシステムを作りました。凄い!!!

参考 Talking Head Anime from a Single ImagePramook Khungurn

本当はこちらのメイキング記事を紹介したかったのですが、公開予定はあるものの会社の許可がまだ降りてないそうです!(待つしか無いです><)

現状の技術ソフトを使って、一枚絵を動かしてVTuberしてみる

ということで現状の技術ソフトでイラストの「分け」をすることなく、一枚絵を動かせたりVTuberできないか調べてみました。

「XX-CAKE!」を使って、一枚絵から胸を揺らす方法

1 XX-CAKE!の導入

下記のサイトからダウンロード。その後ZIPを解凍して、XX-CAKE.exeを起動します。

参考 XX-CAKE!ダウンロードXX-CAKE! まとめWiki

2 ソフトへ画像をドラッグ&ドロップ

3 「設定」ボタンを押し、重さを80%くらいにして胸の周りを左クック押しながら塗りましょう。(※消す時は右クリックで塗る)

4 「自動動作」のボタンを押すと、塗ったところがアニメーションします。

5 設定へ戻り、さらに細かく胸周りをペイント

かなりなめらかに胸が動くようになりました。

実はこのソフト10年前に作られたものです。
似たような表現はブラウザーゲームでもよく見かけたような気がしますね。

ポイント
グループ化して別個に動かすこともできるので、このソフトを習熟すると一枚絵でもかなりの表現ができそうです。

「チクワしか持ってねえ」を使って、一枚絵から胸を揺らす方法

別技術で動かしてみます。

1 下記のサイトから「チクワしか持ってねえ」のダウンロードボタンを押して、ダウンロード&解凍

参考 しめ - 今成震SHIME

2 tikuwa.exeを起動します。

3 メニュー画像を開くで一枚絵を読み込みます

4 深度に合わせて色を塗っていきます。

まずは色は「黒」を選び、バケツアイコンを押して塗りつぶします。
あとは距離の遠いところから、紫、青とパーツを塗っていき、最後に一番手前の胸部分を赤で塗ります。


ポイント
すこしはみ出し気味に塗ると、動かした時に絵のズレが軽減されます

5 最後にメニュー「GIFを生成」から揺れの方向を決めてOK、最後に出力サイズも指定すれば、GIFが出力されます。

※横揺れと縦揺れを選べます。

こちらも7年前の技術ソフトですが、ちゃんと塗れば面白い表現ができそうです。

「Puppet3」を使って、超軽量VTuberを作成する

最後にVTuberできそうな技術ソフトを紹介します。

まずは最初のVRoidに戻り、パラメータをいじりつつ下記の4種の画像を用意しましょう!

1_目あき口とじ.png
2_目とじ口とじ.png
3_目あき口あき.png
4_目とじ口あき.png

Puppet3の詳しいやり方・設定は下記の記事を参考にしてください

【Puppet3】ゲーム実況に最適!口パク目パチが軽量で表示2Dアバターシステム[使い方]

Puppet3G.exeを起動し4枚の画像をセットすれば、瞬きは自動で口パクは音声に反応して動きます。

以上で4枚の画像で動く、デスクトップ表示のVTuberの完成です!これをOBSなどで録画すれば配信に使えますね!

一枚絵VTuber制作のまとめ

以上で「VRoid」 +「Puppet3」でソフトだけでも簡単VTuberを作成できます。

また「XX-CAKE!」や「チクワしか持ってねえ」で動きもつけ連番にして、Unityなどで連番対応の「Puppet3」をデスクトップアプリを作成すれば、もうっと表現の幅が増えそうです。

そして少しだけ紹介しました「Talking Head Anime」!

こちらが公開されれば、一枚絵でのVTuberがさら作りやすくなるので楽しみです。