【Twitter】公式から編集も可能な予約投稿サービスを利用する方法

twitter-ads-post-scheduling
Twitterの予約投稿を検証してみました。

条件は

  • できるかぎり公式であること(別アプリへの連携はNG)

  • 予約投稿設定後も編集して変更できること

上記の条件で試してみました。

Twitter広告から予約投稿機能を解除する方法

公式のTwitter広告の予約機能を使ってみます。

STEP.1
プロフィール>もっと見る>Twitter広告
STEP.2
Twitter広告を設定する

STEP.3
次に進む

STEP.4
クレジットカードを追加する

※クレジットカード情報を一度入力しないと、投稿する機能が解除されません。

STEP.5
クレジットカード情報の入力をする
※クレジットカードの入力は敷居が高いのですが、クレカ情報は消すことができますし、その後も投稿することが可能です。

STEP.6
クレジットカード情報の削除

クレジットカード情報の入力後、右上に青い投稿ボタンが表示されます!
※投稿ボタンを確認したら、クレジットカード情報を削除してしまってかまいません

Twitter広告から予約投稿をする方法

STEP.1
投稿ボタンから予約投稿をする

※**広告用にチェックをいれるとタイムラインには表示されません、チェックははずしましょう。**

STEP.1
ツイートマネージャーでツイートの管理

クリエイター>ツイートからツイートマネージャーを開きます。

ここから設定した予約投稿を編集したり、削除したりできます。

Twitter Media Studioで予約投稿する

Media Studioからも予約投稿が可能です。ただし文字だけは投稿できません。

STEP.1
プロフィール>もっと見る>Media Studio

予約投稿後の編集もできないです。削除はできます。

Twitterの公式クライアント・アプリケーション「TweetDeck」で予約投稿する

Twitter広告の設定がどうしても無理な場合は Twitterの公式クライアント・アプリケーション「TweetDeck」で予約投稿ができます。

ただし、Twitter広告と違い、画像予約投稿の編集はできません。あとすべて英語です。

https://tweetdeck.twitter.com/

STEP.1
投稿ボタンから予約投稿をする

非常にシンプルです。予約投稿設定してTweetボタンを押しましょう

STEP.2
投稿後はScheduledで状態を確認できます

まとめ

クレジットカード情報入力という敷居はあるものの、きっちり情報を消すことができるので、予約投稿解放後は公式のTwitter広告での予約投稿が管理しやすく変更できるのでおすすめです。

それでもクレジットカード情報入力に抵抗がある場合はTweetDeckが一番、簡単に予約投稿できるのでこちらもおすすめです。